スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑えない(?)教授のジョーク

もう2週間くらい前の話ですが、Investment Analysisの教授が休憩時間後の授業再開時に半分ジョークのつもりで話した内容が、ある意味結構的を得ていて、いまだに心に残っているのでブログ上でもシェアしておこうかと。

ちょうど休憩時間に廊下で話している生徒が国ごとに分かれている様を見て、授業再開の一言目としてこんなことを言いました(→雰囲気を出すために、一部意訳)。

”て言うか、今廊下で見た光景が異常だったぜ。こっちではシンガポール人が固まって話していて、そっちでは中国人同士で話している。向こうではインド人がやはり集団で話していて、さらに向こうでは韓国人が輪になって話している。そんな状況だったら、(同級生に一人しかいない)スリランカ人のRはどうすりゃいいんだ。なあ、そうだろうR!?”



これはあくまで授業再開後のアイスブレークとしての意味合いのつもりで言ったものですが、NUS MBAのクラス全体の雰囲気を表すのに何気に「当たらずといえども遠からず」という感じかもしれません。

もちろん上記に挙げられた国の人の中にも、個々に見れば全然出身国とか関係なくオープンに接する人もたくさんいますし、別にクラスがで常に国ごとにかたまっているとかいう話ではありません。グループワークになれば、普通にみんな協力し合います。

ただ、全体的には、特に教授が取り上げた国の生徒は、確かにその国同士でかたまる傾向がないと言えなくもないのは間違いないところかと。特にNUS MBAの場合、これらの国の生徒が占める割合が多いので、これから入学を検討する方は、一応はそのことも頭に入れた方がいいかもです。やはりそう言う意味では、話に聞く限り、NTUやINSEADはクラスメートのダイバーシティーが売りなだけに、相対的にそういうことは少なさそうです。

繰り返しになりますが、全体的にそうなる傾向があるというだけの話で、最終的にはクラスメートのつき合いは個々の取り組み次第な部分が大きいので、必要以上に気にする必要はないと思われます。

ちなみにkosu0621ですが、インドネシア人のMさんやパートタイムのシンガポール人など一部超絶美人がいるものの、この前の日本一時国時にお会いした皆さんが美人でかつ性格もいい方ばかりで、せっかく海外にいるのですが、最近はどちらか言えば日本人がいいかな思っていることが「当たらずといえども遠からず」です(←ていうか「鹿を指して馬となす」、すなわちバカw)。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

ドキッ!男だらけの飲み会

今日は「Investment Analysis and Management」という科目の中間試験だったのですが、予想通りとは言え、先週のRecess Week中は飲み食いばかりで、これっぽっちも準備せず、直前になりハゲしく後悔したkosu0621です。

しかも、昨日まで3回連続で書いたNTU訪問の記事が内容盛りだくさんなため、通常以上にブログ執筆に時間を取る格好になり、「試験直前なんだけど、試験勉強よりブログ書いている時間が長いかもね、かもね、そうかもね。 Baby Burn Burn Burn」とスシ食いながら思いつつ、最後までジタバタしておりました(←シブガキ隊かw)。

まあ、試験の方は、前日にTwitterでちょー嬉しい励ましもあったりして、費用対効果の点では、多分そう極端に悪い点とかではない気がしますと言ってみるテスト(→但し、これまでのNUSでの試験の経験上、自分の予想と実際の点数の標準偏差は100%ですがw)。

が、前日に一夜漬けに近いくらいの勢いで詰め込んだりして無理した反動か、試験で普段使っていない頭を使いすぎたせいか(←オイw)、なんだか「パトラッシュ、疲れたろ。僕も疲れたんだ。何だかとても眠いんだ…」な感じで、ブログを書く体力、気力が残っておりません。

そこで、とりあえず、先週のRecess Week中に行った、男性クラスメート10名以上が集まった飲み会の写真でもアップしておきます。



単に、「ドキッ!男だらけの飲み会」というブログのタイトルで記事を書きたかっただけでもありますがw

↓ 女性との食事もいいですが、たまにはこういうのも
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

クラスメートの迅速な対応に感謝

昨晩はクラスメートの迅速な対応に素直に「おお~、マジでありがとう!」と思った出来事がありました。

NUS MBAに今年出願中の日本人アプリカントの知り合いの中に明日金曜日にSkypeでインタビューを受ける方がいて、インタビューアーの名前(教授1名、アドミ1名)も教えてくれました。この方とは特に年明け以降頻繁にやり取りしているのですが、こう見えて(?)義理とか人情を重んじるkosu0621としては、礼節をもって積極的にコンタクトを図ってくれる方には、こちらもそれに応えようと、自分や同級生などの過去のインタビューの状況やインタビューアーの特徴など提供できる情報は惜しみなく提供したいという気持ちが働く訳です。

が、今回のインタビューアーの教授については、授業を直接履修こともなければ、マーケティング系の教授ということ以外情報がなく、「はて、どうしよう!?」と途方に暮れました。そこで、普段仲のいいフィリピン人のCさんがマーケティング中心に選択科目を取っていることもあり、彼女にこの教授について何か知らないかメールしたら、30分もしないうちに丁寧な返信をくれました。以下、長いのですが、抜粋。

"Hi Kosu0621, wow congratulations to your friend and to you, such a good ambassador :)

I've only had the chance to attend one marketing-related info session he conducted last sem, and he strikes me as very mild-spoken professor. Is your friend also into Marketing? If that is the case, perhaps he may ask about your friend's industry experience? or work experience-related questions in general. I think the admission interviews also follow some kind of usual list of questions. I remember some questions from my interview, Prof. Ravi asked questions like: If I were to establish a student club in NUS Business School what would it be and why. Another question was about career aspiration, and asked me to give examples of companies that I think are doing a good job with their marketing.

I also don't know who among our classmates are taking his class this semester, but I heard that Mさん (HEC-NUS double degree student) took his class last semester.

Hope the above helps. Good luck to your friend! :)

Cさん"


また、上記のメールで最後に言及のあったMさん(中華系ドイツ人、男性)にも情報提供を依頼しました。個人的にはMさんのことを「NUSの火野正平」と心の中で呼んでいて、非常に女性好き、もとい女性に対してやさしいイメージがある中(←それは言わなくていい)、やはり30分もしないうちに返事をくれました。

"Hi kosu0621,

Prof. XX is an indian teacher without indian accent, but very low and soft voice, make sure your friend turn the volume high to undertand him. Otherwise he is a nice person, think should not be too tough questions. He worked long time at Nielson, just tell him your friend wants to specialize in marketing to please him.

Greetings from Zirka club(←注:クラークキーにあるクラブからの返信w)
Mさん"


今週はそれぞれかなり忙しいはずなのに、こうして迅速かつ丁寧な対応をしてくれた同級生のCさん及びMさんに感謝の次第です。





↓ Sさん、吉報お待ちしています!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

来年度のBrohure用の写真撮影

昨日は、NUS MBAの来年度のBrohure用の写真撮影がありました。生徒全員が対象ではなく、概ねフルタイムの2割くらいが招集されましたが、イケメソから程遠いkosu0621も、Diversityの観点から呼ばれました。

Facebookでもつながっている方はご存じの通り、美人の写真を撮ることが大好きなkosu0621も、自分が被写体になることは苦手なので、ちょいと苦労しました(→ちなみにFBについては、今日も韓国人クラスメートから、「あのエルメスを贈った女性は誰だ!?」とか「なんで毎回違う女性と写真に写っているんだ!?」と追求を受けましたw)。

メイクの方もいて、ヘアメイクとしてくれる

インドネシア人のMさん


インド人のSさん(同業者)


ライティングとかもあり、本格的

一番仲のいいフィリピン人のCさん(同業者)


もう一枚Cさん


先学期のマーケのグループメンバー5人中4人が揃ったので(含むCさん)、記念撮影

その1


その2


撮影は、個人のフォトセッションのほか、集合写真もあり、朝9時から午後3時近くまで、結構な間拘束されました。一方、昨日の記事で書いた通り、Oさんが帰国する日でもあり、ちょうど時間的にOさんがチャンギを出発する時間とも重なったので、飛行機が出発予定時間には、チャンギの方向を向きながら、「無事に帰国できますように」とお祈りしました♡(→無事に帰国した旨のメールを頂き、kosu0621も一安心です♡)

来年度用のBrohureなので、実際に出回るのは当分先ですが(→今年の秋くらい!?)、どこかのページにkosu0621の写真も出てくるかもしれません。

↓ 来年受検する人で興味あれば探してみて下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

Paintballに行ってきた@Red Dynasty Paintball Park

昨日の午後は、クラスメート何名かとRed Dynasty Paintball Parkという場所で、Paintballをたしなんできました。


(↑ 上段左から、インド、ドイツ、韓国、ドイツ、下段左から、日本、シンガポール、フィリピン、オランダ、フィリピン、と中々のDiversityだったのでは!?)

kosu0621も実際に体験するまではあまりよくわかっていませんでしたが、「Paintballって、何ぞソレ?」いう方のためにザックリ説明すると、「2つのチームに分かれて、ペイントボールと呼ばれる小石サイズの弾丸の入ったガス銃で、相手チームをバンバン打ちながら、フラッグを取ってきたりするゲーム」です。

が、恐らく「文系(経済学部)だったけど、からっきし国語がダメだった」kosu0621の日本語力では説明しきれないので、「論より証拠」「百聞は一見にしかず」「案ずるより小野ヤスシ」な感じで(→最後違うw)、下記のYouTubeのビデオを観て頂ければ、何となくイメージが浮かぶのではないでしょうか。



映像をご覧頂くとお分かりの通り、本気モードでのプレイだとゲームというより競技性の強いスポーツという感じで、実際発祥の地である本場アメリカではプロリーグなんかもあるそうです。

今回参加したメンバーの半分以上がPaintball初体験で、そこまでシリアスな感じはありませんでしたが、そうは言いつつ熱帯のシンガポールでプレイすれば、汗が滝のように流れる訳です。

何はともわれ、疲れたけど結構楽しかったです。

↓ あなたのハートを打ち抜きます!(←意味不明w)
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。