スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBA受験をだいたい振り返る:(4)エッセイ

という訳で、昨日からの続きで「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」です。「『MBA受験』って一括りに言うけど、欧米の超一流校以外は、だいたいでオッケー」というメッセージを皆さんにお伝えしたくて書いています。

今日は、それなりに頑張ったつもりだけど、出来栄えも「それなり」な感じだったエッセイについてだいたい振り返りたいと思います。

1.サマリー
kosu0621の出願したシンガポールの大学院3校について、トピックや字数などをまとめると以下の感じです。

05エッセイ 
(↑クリックすると拡大)

2.リソース
エッセイ対策として利用したリソースは、以下の通り。
  • ネタ出し:アゴスの日本人カウンセラー
  • カウセリング:アゴスのネイティブカウンセラー
  • 校閲:普段通っている英会話学校の講師に依頼(→関連記事
  • その他、トップ校合格者のサンプルエッセイが掲載された市販の洋書を数冊購入

3.今振り返ると
エッセイが終わった今、だいたいな感じで振り返ると、以下のような感じ。

  • 点数という定量的評価ができるIELTSやGMATの異なり、自分一人で客観的評価が難しいエッセイでは、やはり第三者の目としてエッセイ・カウンセラーはいて良かった
  • 自分では満足と思っても(→特に仕事関連のトピック)、カウンセラーから見て「具体例がないとイメージがわかない」とか、「趣旨が伝わりにくい」などのフィードバックは、概ね的を得ていることが多いと思うので、ニュートラルに聞く耳は持つように心がけた(→但し、最終的に受け入れるか否かは取捨選択は必要)
  • なお、トップ校合格者のサンプルエッセイを見ると、やけにストーリーちっくだったり、「俺ってこんなにリーダシップあって、でもチームにも貢献できて、さらにクリエイティビティもあるんだぜ」的なエッセイばかりで、「こんなのムリ」と途方に暮れたけど、ごくごくフツーなエッセイで十分な気がする(→ここで言う「フツー」とは、「問いに漏れ無くきちんと答える」とか「具体例を盛り込む」とか「文法上の誤りやスペルミスなどを無くす」など最低限のルールをクリアした上で、あとはMBAアプリカントのエッセイとして、ビジネスパーソンとしての視点や経験を自然な範囲で折り込めばオッケーで、無理に個性やユニークさを出そうなんてしなくていいと思う)
  • 唯一志望校の如何に関わらず大事だなと思ったのは、"Why MBA?"や"Career Goal"などの絡みで、これまでのキャリア、MBAの必要性、卒業後のビジョンについて一本線を通すような一貫性は必要という点。それ以外は、必要以上にスーパーマン/スーパーウーマンを演出する必要はないような

4.アドバイス
一経験者として、「超一流校以外は、だいたいな感じでオッケー」の観点からは、以下のことが言えるかもしれません。

  • 超一流校目指すなら、差別化を図る意味でも、誰もがスゲーと感心するエッセイに仕上げる必要があるかもしれないけど、そうでなければ、ごくごくフツーでOKだと思う
  • そういう意味では、カウンセラーのアドバイスも7割くらい消化できれば御の字くらいの気構えでいいような(→これはやむを得ない面もありますが、MBA予備校のエッセイ・カウセリングの問題点として、どうも生徒の志望校のレベルに関わらず、欧米の超一流校を基準にした画一的なアドバイスをする傾向があるように思われます)

5.まとめ
色々グダグダ書いてきましたが、超一流校でなければ、エッセイも分相応でいいのでは?ということです。kosu0621も最初ハーバードなどの合格者のサンプルエッセイを見ましたが、その素晴らしい内容に「ヒェ~」という感じでビビりました。もちろん志望校の如何に関わらず、エッセイは時間をかけて推敲しながら完成させていく必要はありますが、あくまで自分の中で出来うる範囲で頑張ればいいのではと思います。

これは完全に一個人の意見なんで聞き流して結構ですが、そもそもクラスのDiversityの観点からGMAT等で日本人に下駄を履かせるようなスクールであれば、エッセイもいわんやおやな感じで、日本人アプリカントのエッセイにそんなに際立った個性とかユニークさは求めていないような気がするんですよね(→そういう生徒は他国のアプリカントで十分に確保できているでしょうし)。むしろスクールが日本人に期待するのは、(他国に比べて相対的に)「勤勉・真面目」であったり、「協調性」があったりする部分であると思うので、それに沿ってエッセイもあまり奇をてらわずにオーソドックスに書いていき、「最低ラインのライティング能力はありますよ」ということを示せればオッケーなような気がします(→特にGMAT等の点数に問題がないのでれば尚のこと)。

自分のケースで言っても、NUSなんか出願から3営業日後にインタビューの通知が来ていることから考えても、アドミの一人が一読して「はい、お題に沿ってだいたいそれっぽく書けているからオッケー」くらいなノリでチェックしているとしか思えないんですよね。もちろん競争の激しい超一流校は、全然事情が違うと思いますが。

という訳で、「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」で、エッセイについてだいたいの振り返りでした。明日は、自分の中では本番の出来が「1勝2敗(含む5ラウンドTKO負け)」な感じのインタビューについて、だいたい振り返ろうと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

MBA受験をだいたい振り返る:(3)GMAT

という訳で、昨日からの続きで「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」です。「『MBA受験』って一括りに言うけど、欧米の超一流校以外は、だいたいでオッケー」というメッセージを皆さんにお伝えしたくて書いています。

今日は、TOEFLでドツボにはまった分、なるたけ出費を減らして「ツーペイチャラ」にしたいと考えたGMATについてだいたい振り返りたいと思います。

1.サマリー
テスト結果について、まとめると以下の感じです。

04GMAT 
(↑クリックすると拡大)

(関連記事)
2.リソース
前述の通り、TOEFLでの投資に失敗の反動もあり、日本人では今時珍しい(?)完全独学。過去2回の受験で使用した教材は以下の通り。

(1)1回目
①アゴスの市販の本
アゴス・ジャパン改装版 MBA留学GMAT完全攻略
(→一番最初に)

②オフィシャルガイド(総合版)
The Official Guide for GMAT Review
(→試験に向けて一回転。その時の正答率はこちら

(2)2回目
①マンハッタンのVerbalの教材(以下はSCですが、RCとCRも)
Sentence Correction GMAT Preparation Guide, 4th Edition (8 Guide Instructional Series)
(→試験に向けて一回転。関連記事:その1その2その3その4

②オフィシャルガイド(分野別版)
The Official Guide for GMAT Quantitative Review The Official Guide for GMAT Verbal Review
(→試験に向けて一回転。その時の正答率はこちら

③AWA対策
GMAT CAT: Answers to the Real Essay Questions 3E (Arco GMAT Answers to the Real Essay Questions)
(→試験の数日前に届き、つまみ食いのみ→関連記事

3.今振り返ると
GMATが終わった今、だいたいな感じで振り返ると、以下のような感じ。

(1)Math
  • ド定番のマスアカさえ使わなかったけど、学生時代数学が得意科目であれば、OGの「Math Review」で一通りの論点と数学用語の英語を押さえて、OGを一回転すれば、本番でもかなりの確率で49は外さないと思う
  • 但し、難易度に関しては「OG<Prep<本番」というのは正にその通りで、上記のマテリアルのみで本番で50取れるかは、当日の問題のセット次第(→よって普段のOGの正解率よりは下がるというマインドセットは必要)
  • 合計で700欲しい超一流校志望の場合には、Mathも50と51とか取りに行く必要があるけど、そうでなければ、最初から「48とか49とかでオッケー」となり、求められる完成度やかかる工数が全然違ってくると思う

(2)Verbal
  • Verbalも超一流校志望(→合計700、V35くらい)かそうでないか(→合計600~650、V25くらい)で、取るべき戦略や工数が全然違ってくると思う
  • Verbalは確かにGMAT特有の対策が必要で、独学では厳しい面も多々ありますが、反面その前提として基礎的な英語の読解力(+単語力)がないと「にっちもさっちもいかない」面もあると思う。前者の重要性(及び両者の比率)は、「SC(8:2)>CR(4:6)>RC(2:8)」くらいなイメージ
  • SCは確かに「GMATルール」をマスター必要があるものの、やればその分正答率に跳ね返る感じがあり、マンハッタンを何度か見返してOGをあともう一回転こなせば、もう少し上積みできたと思う
  • 一方CRやRCは、乱暴な言い方をすると、V25前後狙いなら、アゴス本とOGを通じた問題演習以外は、GMATの対策なんて考えず「フツーの読解問題」として処理し、「取れる問題だけ取れればオッケー」という戦略もアリだと思う
  • むしろPCを使った本番環境での実践演習(含むタイムマネジメント)が超重要で、自分は通算でもPrepを6回(2セット×3)しか行っておらず、特にIELTSの初回の試験と時期が重なった2回目の試験で失敗した

(3)AWA
  • 自分の場合時間の都合上対策らしい対策ができずに2回とも4.0だったけど、きちんとしたテンプレートを入手して少し訓練すれば4.5とか5.0も出るらしい

4.アドバイス
一経験者として、「超一流校以外は、だいたいな感じでオッケー」の観点からは、以下のことが言えるかもしれません(→但し、最低限の英語力がある前提)。

  • 合計で700目指す超一流校志望なら、とっとと専門学校等を利用すべきなんだと思う(→650と700とでは、求められる完成度や工数が全然違うと思います)
  • 但し、超一流校でなければ、日本人の場合「600~650」くらいでオッケーなケースが大半で、そのレンジなら独学でも十分可能と思う
  • 上記レンジであれば、Mathは、OGの正解率を9割強くらいにしておけば、いくら本番が難しくても48又は49に収まり、Verbalについては、SCはマンハッタンのみでもしっかりやれば7割くらいは取れるようになり、残りのRCとCRは「出来る問題だけ取る」くらいのスタンスでも、結果的に25くらいは取れると思う
  • AWAについては、何一つ語れることがありませんが、超一流校とかで5.0必要ならともかく、はじめから「4.0でオッケー」というスタンスであれば、Issueの方は普段TOEFLのIndependet TaskやIELTSのTask2のノリで書いて、Argumentは「とりあえず屁理屈でもいいから難癖付ける」ことだけやっておけば、かなりの確率で4.0はキープできて、結果的に最もコストパフォーマンスが高い戦略かもしれません

5.まとめ
最後に一点付け加えると、GMATについては、志望校の「Minimum Requiement」や「平均点」のほかに、「実質日本人は何点必要か?」を意識する必要があったと今にして強く感じでいます。kosu0621の受験したシンガポール大学院3校については、基準点が600で、入学者平均が概ね670でして、自分の場合GPAが低かったこともあり、入学者平均の670は欲しいと勝手に思っていました。ただし、アゴスのカウンセラーからは、「シンガポールの大学院であれば、日本人は600あればオッケーで、650なら安全圏です」と言われて当初は半信半疑でしたが、今思えば、「正にその通り」と納得するところ。

したがって、GMATについては、「基準点とか平均点とかとは別に、ぶっちゃけ日本人として何点必要?」というのをカウンセラーなどに確認されることをオススメします。恐らくカウンセラーであれば、そうした情報をオフィシャルにせよアンオフィシャルにせよ持っていると思われます。超一流校以外であれば、クラスのDiversityの観点から日本人の場合下駄を履かせてくれることが多く、本当に基準点さえ超えていれば問題ないか、場合によっては基準点さえ到達しなくても「日本人枠」としてインタビューに呼ばれたり、合格のオファーを貰えたりするケースもあるように思われます。なので、仮に学校が公表する基準点に到達していなくても、「ダメもと」で出願しちゃうなんていうのも全然アリだと思います。

という訳で、「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」で、GMATについてだいたいの振り返りでした。明日は、、MBA受験のメインイベント(?)たるエッセイについてだいたい振り返ろうと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

MBA受験をだいたい振り返る:(2)IELTS

という訳で、昨日からの続きで「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」です。「『MBA受験』って一括りに言うけど、欧米の超一流校以外は、だいたいでオッケー」というメッセージを皆さんにお伝えしたくて書いています。

今日は、初めはTOEFLで挑み3回受けて「こりゃムリポ」と悟り、昨年12月にスイッチして、2回目の受験で何とか基準点をクリアできたIELTSについてだいたい振り返りたいと思います。

1.サマリー
テスト結果について、まとめると以下の感じです。

03IELTS 
(↑クリックすると拡大)

(関連記事)
2.リソース
市販の書籍で対応。下記の関連記事で色々載せていますが、結局のところ、以下のものに収斂。

(1)日本語書籍
新セルフスタディ IELTS 完全攻略
(→ここでのTipsは何度か見返した。反面、残りの書籍は1回転のみ)

(2)ケンブリッジの公式問題集(以下は最新版ですが、これの3~7)
Cambridge IELTS 7 Self-study Pack (Student's Book with Answers and Audio CDs (2)): Examination Papers from University of Cambridge ESOL Examinations (IELTS Practice Tests)
(→LとRは1日1セット時間を計って解いた。WとSは、トピックに目を通して、ライティングで一部書いてみたくらい)

(関連記事)

3.今振り返ると
IELTSが終わった今、だいたいな感じで振り返ると、以下のような感じ。

  • LとRは、試験の傾向さえわかれば、「だいたいオッケー」な水準(→7.0とか7.5とか)であれば、独学でも大丈夫と思う
  • 一方WとSは、どうも独自の対策が必要そうで(→IELTSにおいて高得点とされる答案の書き方とか話し方とかの習熟)、軽いノリで受けていると、6.0~6.5で頭打ちになるような気がした
  • 時間の関係でつまみ食いしか出来なかったけど、以下の教材は、教本として有用と思われる
New Insight into IELTS Student's Book Pack

4.アドバイス
一経験者として、「超一流校以外は、だいたいな感じでオッケー」の観点からは、以下のことが言えるかもしれません(→但し、最低限の英語力がある前提)。

  • 基準点が6.5なら、独学でもオッケー(→合計で25必要なので、例えば、LとRで13.5(=7.0+6.5)、WとSで11.5(=6.0+5.5)とか)
  • 基準点が7.0でも、独学で何とかオッケー(→合計で27必要なので、例えば、LとRで14.5(=7.5+7.0)、WとSで12.5(=6.5+6.0)とか)
  • 一方でここ最近INSEADやオックスブリッジといった欧州の超一流校が引き上げてきているように、基準点が7.5(かつ、学校によっては各モジュール最低7.0以上とか)になってしまうと、WやSの底上げも必要なので、これは専門の対策コースとかを利用した方がいいと思う
  • そうは言いつつ、志望校の基準点が6.5とか7.0であっても、WやSが底上げされると、LやRで多少の失敗があってもオッケーという精神的余裕が生まれるので、WとSについてはネットを含め専門のサービスを利用するのが効率的かもしれない(→特にWは、「IELTSで点数が出やすい答案の書き方」が存在するようなので)

5.まとめ
ちなみに最後老婆心ながら一言追加で。kosu0621の受験したシンガポールの大学院3校は、英語の試験についていずれも、「TOEFL100 or IELTS6.5」を基準点として設けていて、当初は「どっちも試験内容は知らないけど、名前くらいは聞いたことのあるのはTOEFL♡」という理由だけで安易にTOEFLを選択しました(→最初、IELTSは「イエルツ」と読んでいましたw)。「欧米の超一流校以外は、だいたいでオッケー」が今回の振り返りの記事で伝えたいメッセージであるのですが、自戒の念を込めて言うと、アジアや欧州のスクールで選択可能な場合、TOEFLにするかIELTSにするかの選択については、「だいたいでオッケー」ではなく、最初の段階で慎重に検討されることをオススメします。

もちろん両試験ともそれぞれ特徴があるので一概には言えませんが、一般論として、日本人(特に主に日本国内で英語を学んで来た日本人)は、IELTSの方が少ない時間(受験回数)で目標スコアに到達できるような気がします。事実、TOEFLなんかですと100点取るまでに、10回、20回(あるいはもっと)とか受験している方はザラですが、IELTSをそこまで受験した方はお目にかかったことがありません。

ぶっちゃけ、「TOEFL100 or IELTS6.5」であれば、後者の方がはるかに工数はかからずに済むと思いますし、仮にIELTSが7.0でもそう思います(→もしIELTSが7.5とかだと悩みますが、それでもIELTSの方がまだマシと思います)。kosu0621にとっては、最初3ヶ月間TOEFLに費やしたお金と時間は完全に「ドブに消えた」格好になったしまいましたが、もしこれから受験対策を始められる方で、まだTOEFLとIELTSのいずれも「まっさら」な状態であれば、試しに1度ずつ受験するなどしてからどちらでいくか決定しても遅くないと思われます。特に、TOEFLのみ提供しているMBA対策予備校なんかでカウンセリングを受けていると、どうしても「IELTSの方がいいですよ」なんて最初から言ってこないと思いますので。

という訳で、「MBA受験をだいたい振り返るシリーズ」で、IELTSについてだいたいの振り返りでした。明日は、点数自体は全然大したことないけど、「欧米の超一流校以外は、だいたいでオッケー」という観点で考えた場合、コストパフォーマンスが抜群だった(?)GMATについて、だいたい振り返ろうと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

MBA受験をだいたい振り返る:(1)総論

さてここ二日間「つなぎの記事」を書いている一方で、なんとな~く頭の中を整理できたので、今日からはしばらくMBA受験をだいたい振り返る記事を書いていこうと思います。

ぶっちゃけ、やれハーバードやら、INSEADと言った超名門校の合格でもなく、またフルタイムとは言え約半年間の受験生活であまり確固たるノウハウを蓄積できた訳でもありません。さらに、TOEFLは挫折するわ、GMATも取り立てて誇れる点数ではないわで、モデルケースからは程遠く、振り返りの記事を書くなんておこがましいことは百も承知です。もし万が一「こうすれば受かるMBA」の執筆依頼が来ても、周りの優秀な合格者に比べてあまりに恥ずかしくて、「『こんなんですが受かっちゃったMBA』なら書きますが...」と言ってお断りするつもりです(→まあ、まずない話ですがw)。

ただその一方で、受験終盤辺りから薄々気づいていましたが、どうも「『MBA受験』って一括りに言うけど、いわゆる欧米(主に米国)の超一流校とそれ以外では、全然状況が違うんじゃねえ!?」と言えそうな気がしています(→ここで言う、「超一流校」とは、GMATの入学者平均700くらいで、ランキングもトップ20に入っちゃうような、スゲ~頭のいい学校)。

前者は、「TOEFL100以上、GMAT700以上」の日本人が書類選考の段階であっさり落ちることも珍しくないようで、そりゃあ本当に厳しい戦いの場なのだろうと推察されます。他方で後者は、クラスのDiversity確保の観点から、どうも日本人というだけでかなり下駄を履かせてくれる感じがあり、kosu0621の受験したシンガポールの3校などはその典型かもしれません。

ここら辺は商売に影響するためか、MBA受験予備校なんかでも正面切って明確にどれだけ違うか言ってくれませんが、前者の学校を目指すか後者の学校を目指すかで、アプローチや心構え、そしてかかる工数なんかが全然違ってくるように感じます。そうした観点で考えた場合、前者の学校を目指す方のお役には立てないけど(→悪いけど他を当たってちょーだい)、後者のケースであれば多少なりともお役に立てのではと思い、振り返りの記事を取りまとめようとした次第です。

で、今になってスゲ~実感しているのは、「超一流校を目指すのではない限りは、だいたいというレベルでオッケーなのね」という点です。ポイントは「だいたい」という点で、IELTSやGMATなどのテスト関連のみならず、エッセイやインタビューなどの全ての受験プロセスについてこの心構えが適用できるように思われます。

ですので、今日以降の振り返りの記事も、だいたいな感じ振り返って行きたいと思います。

手始めに、アクティビティごとの時系列での資源配分は、だいたいこんな感じ。

01カレンダー 
(↑ クリックすると拡大。以下同様)

まあ前半はTOEFLでドツボにはまり、12月にIELTSに切り替えることを決断し、なんとか間に合ったという感じです。上記の表ですと、出願した学校ごとのアクションが見えづらいので、テストのタイミングとも合わせて、スクール単位のアクションを時系列で示したものがこちら。

02カレンダー2 

こうして改めて見ると、進学先のNUSについては出願から合格までのスピード感がやはり早いなあと目に付きます。ただ、これはその前に説明会に出席したり、ビジットしたりしてアドミと直接コンタクト取っていたことが非常に大きいと自分なりに分析していますが、ここら辺は次回以降追々と。

なお、今日は総論的なお話でしたが、次回以降はだいたい以下のテーマで振り返りの記事を書く予定です。
  • IELTS
  • GMAT
  • エッセイ
  • インタビュー
  • 推薦状
  • アプリケーション・フォーム
  • ビジット
  • 予備校

ポリシーが「だいたい」につき、多少の増減の可能性があり、あるいはいくつかのテーマを合わせて一つの記事で書いていくことがある点を予めご了承下さいw。明日は、IELTSについてだいたい振り返りたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。