スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

National Day Rally 2012

昨日は、「National Day Rally 2012」というイベントがありました(→参考)。リー・シェンロン首相始めシンガポール政府が、国民に対して今後シンガポールという国をどういう方向性に持って行くかについてのビジョンを示す場のようです。

当然地元マスメディアの扱いも大きくなり(→参考記事:Strait TimesChannelnews Asia)、Channelnews Asiaには特設ページや動画もあります。


シンガポール政府としても、これまでのような高成長はこの先見込めない中で、どう国を発展させていくかという難しい舵取りを迫られて行く訳ですが、(実際にプラン通りに物事が進むかどうかは別にしても)この一連の記事や動画を見ても改めて政府のリーダーシップは半端なくすごいなと思う訳です。

以前記事にした三枝匡氏の企業再生3部作ではないですが、企業にしても政府にしても戦略とかももちろん重要ですが、最終的にはトップのリーダーシップが肝になってくるのかなと思う次第です。

「明るい北朝鮮」とも揶揄されるシンガポールですが、こちらに1年住んでの印象は、何だかんだ言ってシンガポール国民の声に耳を傾け、それを凄いスピード感で実現させるシンガポール政府のリーダーシップ及び実行力は、日本も学ぶことが多いなと思うところです。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

SMU MBAの説明会がまた東京であるそうで

2月に一度「SMU MBAの説明会が東京であるそうで」という記事を書きましたが、アゴスで7月に再度説明会が行われるようです(→参考)。

http://blog.agos.co.jp/news/entry/2012/06/141957

NUSに在籍する自分が言うのもなんですが、SMUの「少人数制」(→自分の経験上50人のクラスと20人のクラスでは、発言のしやすさがかなり違う気がします)とか、「キャンパスが市の中心部というロケーション」(→街中に出るには、NUSはやはり遠いです(涙))は、凄いアドバンテージと思います。それに何より、女性比率の推移(NUS:40%→30%、SMU:45%→52%)に関しては、「その情報を入学前に知っていたらSMUを選んだかもしれないのに (>_<)」と思わなくもなく(←バカスw)。

真面目な話し、知り合いの日本人女性の中でも、当初はNUS等へのビジットのついでに軽い気持ちで見て回ったSMUが思いのほか好印象で、結構真剣に検討し始めたという方々も何人かいらっしゃいます。

ご興味ある方は参加されてはいかがでしょうか。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

日本の文化について学んでくればよかったと思う今日この頃



最近「大和撫子」という言葉が自分の中でマイブームなkosu0621です。

恐らく海外に住んでいる方又は住んだことある方であれば賛同頂けると思うのですが、海外にいると日本について聞かれたり、意見を求められたりする場面に結構遭遇します。話題も政治や社会などの真面目な話しからエンターテイメントといったライトな話題まで幅広いです。そして思うように回答できずに、申し訳ないやら情けないやらで自己嫌悪に陥ることもしばしばです。

そんな中で特に重要だなと思うのが、日本の文化について自分の言葉で語れる人は強いなということ。日本人が思っている以上に、日本の文化に興味を持っている海外の方は多い印象です。そういう意味では、冒頭の写真ではないですが、例えば茶道をやられていて、着物が似合う女性などは、それを海外で披露すれば間違いなく注目の的です。

「芸は身を助ける」ではありませんが、キャリアとかアカデミックな部分以外で何か一つ自分のウリみたいなものがあり、かつそれが日本の文化とリンクしていれば最強なんじゃねと思う今日この頃です。

翻って自分のウリを考えた場合、これといって趣味・特技と言えるものがなく、これは本当によくないなと思う次第です。強いて言えば、「ニッチなブログを書いております」というところでしょうが、内容がアフォ過ぎて海外の人との交流には1ミリも役に立たないのが悲しいところorz

ちなみにこれも海外に住んでいる方又は住んだことある方であれば賛同頂けると思うのですが、海外に住んで初めて日本の伝統文化のよさに気づくことも多いです。それこそ茶道をやられていて、着物が似合う大和撫子みたいな女性は非常に魅力的であると思う今日この頃です。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

SQだけじゃない。世界最強な銀行はシンガポールにあるらしい

1週間くらい前にリリースされた記事ですが、「へえ~、そうなんだ!? マジ~!? 結構それって、ちょ~スゴくない!?」と思ったニュースがありました。それは、

『Bloomberg Markets magazine』誌における銀行ランキングで、シンガポールのOCBC(Oversea-Chinese Banking Corporation)が『The world's strongest bank 』として二年連続で第一位に輝き、さらにOCBC含めてトップ10にはシンガポールの銀行が3行ランクインしている

というニュース(→参考:日本語メディアの記事、シンガポールメディアの記事:その1その2オフィシャルのランキング)。


(↑ 近くのモール内にあるOCBCの支店)

もちろんこの手のランキングは何を指標にするかによって順位は変わってくると思うので、手放しに「すげ~、世界最強じゃん」とかぬか喜びするのはどうかと思いますが、でもまあやはり凄いことは間違いないかと。

ただ、ちょっと意外というかビックリしたのは、ランクインしたシンガポールの銀行3行の順位。OCBCのほか、UOB(United Overseas Bank)が第7位、DBS(DBS Bank)グループが第8位にそれぞれ入っているのですが、シンガポール国内の位置づけとしては資産規模、支店数及びATM数などの点でDBSが一番と評価されているので、「ほほう~、DBSではなく、OCBCですか~」という感じです。

いずれにしましても、kosu0621の中では、「シンガポールの企業と言えばSQ。SQと言えばシンガポールを代表する企業。Anything else?」というイメージでしたが(←短絡的w)、「シンガポールの銀行って、海外にも評価されているんだね」と再認識させられたニュースでした。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

衝動買いしたiPhoneケース

本当はもの凄く書きたいことがあるのですが、そのしわ寄せもあり、明日の「Financial Statement Analysis 」の試験が本当にピンチなので、前もって書き溜めておいた軽めの記事で。

先日の記事で「ある日朝起きたらiPhoneの電源ボタンがめり込んでいて、使い物にならなくなってしまったYo」という記事を書き、最終的には無償で本体の交換となったのですが、その時合わせて「これは何かオサレかも」と思い衝動買いしたiPhoneケースがあります。

それが、OZAKIというメーカーの「iCoat Good Life Zen Wisdom Metal Case」というシリーズ。

http://ozakiverse.com/products/iphone/icoat-good-life

それぞれ漢字一文字(及び英単語1つ)で禅の教えが10種類あり、なんか店頭で見てクールに感じたので、買ってみました。

「心(Feel)」をチョイス


10種類ある


禅の教え


装着してみた


横から撮ってみた


斜め横から撮ってみた


デザインも好きですが、ステンレス製で表面が故意に少しザラザラして感じが触っていて気持ちよかったりします。気になる方は店頭でチェキラ。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。