スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステータスのアップデート

さて、本来は今日は大事な日付になりうるのですが、今日はちょいと出かける用事もあるので、簡潔な記事で。

昨日から今日にかけて2点動きがありました。

1.NUSに無事書類が届いていたとの連絡が

本日アドミより、入学受諾の回答書等の書類が届いたとの連絡が入りました。これで晴れてNUSに正式に入学が出来ることとなります。オンラインのアプリケーション・フォームも、Statusが"Accepted"表示されています。

110426-1 

書類が到着したのは、今日とかのはずですが、何故かAccept日は(メールで連絡した)21日(木)になっていますがw。

2.SMUから正式な合格通知の書類が届いた

同じく本日SMUより、正式な合格通知の書類が届きました。

110426-2 

色々たくさんあって涙目の巻。

昨日も言った通り、基本はNUSなんですが、一応SMUの書類にも一通り目を通そうと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

「進学先最終決定!」のはずが

という訳でここ数日予告した通り、本日NUSへ書類の到着及び受領確認、並びにSMUからの合格通知の詳細を確認後を経て、

正式にNUSに進学先を決めました!!!

と言うつもり満々でした。。。

「ところが」(←「森のくまさん」のリズムで)

以下の2つの理由から、今日はそれを言うに至らない状況です。

1.NUSに書類が届いていない

自分の見込みでは、今日(25日(月))にはNUSに送付した入学受諾の回答書が届いて、先方からも受領確認の通知が来ると予想していたのですが、まだないんですよね。もう少し正確に言うと、下記の通り、EMSの追跡サービスを見る限り、既に先週土曜の段階でシンガポールに到着していて、1度は配達したような感じですが、まだ受領していない模様。

110425-1 
(↑ クリックすると「チョビット」拡大)

まあ、あと1日ありますし、最悪の場合スキャンデータをメールするので問題ないと思うのですが、何故今日配達及び受領がなされなかったか「チョビット」不安に思うところ。

2.SMUも奨学金をくれるそうで

先日のSMUからの合格通知のメールでは、「詳細は追って」とありましたので、「詳しく教えてちょ」とメールしたところ、先方からの回答がこちら。

110425-2 
(↑ 同じくクリックすると「チョビット」拡大)

NUSに引き続いて、(奨学金の締め切りの関係で、特に申請はしていませんでしたが)こちらも奨学金を付けてくれすそうです。ハッピー(←ベッキーっぽく)。

元々の授業料に差があり(→少人数制ゆえSMUの方が高め)、NUSに支払った手付金もあるので、逆転はないものの、奨学金の額としてはSMUの方が多いので、素直にうれしいですね。

【まとめ】
まあ、そうは言いつつ、恐らく、明日26日(火)には、NUSには書類が到着すると思いますし、そこからSMUに切り替えた場合の追加コスト(→両者の授業料の差額+NUSに支払った手付金)を考えれば、やはりNUSに落ち着くと思います。但し、SMUへの回答期限が5/9(月)ということで2週間猶予があり、せっかくですので一応検討はしたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

シンガポールで買った書籍:Makansutra(マカンストラ)の最新版

という訳で昨日の続きで、来たるべき向こうでの生活に備えて、「シンガポール通」になるべく買ってきた書籍の記事です。

昨日の「硬」のリー・クアンユーの書籍が硬めの書籍に対して、今日は「軟」の書籍。それがこちら、「Makansutra(マカンストラ)」と呼ばれる、主に現地のローカルフードをメインとしたグルメガイドです。

110329-1 
(↑ お約束として関係ないものが写っているw)

シンガポールに行かれたことがある方はご存じと思いますが、シンガポールの「食」と言えば、もちろん高級レストランも街中たくさんありますが、よりリーズナブルなホーカーやフードコートでのローカルフードが醍醐味と言えようかと思います。

日本で売られているシンガポールのガイドブックでもそうしたローカルフードの有名店がいくつか掲載されていますが、そこで載っているの本当にごく一部で、ある意味観光客向けの情報だったりしますが、こちらは現地のシンガポール人向けに書かれたガイドなので、よりディープな情報が入手できる訳です。

ちょっと見づらいですが、例えば、シンガポールのローカルフードを代表するチキンライスのページでは、日本のガイドブックに載っていないようなお店がこんな感じで色々掲載されています。

110329-2 
(↑ 言わずもがなw)

この「Makansutra」ですが、1~2年ごとに改訂版が出ていて、kosu0621は2009年版(7th Edition)を持っていたのですが、今回第8版として2011年版が出ていたので、情報をアップデートする意味で購入しました。

実際、シンガポール人の友人に聞いたら、確かにこのガイドブックを購入する人はそれなりにいて、またマリーナベイ地区には「Makansutra Gluttons Bay」と呼ばれるここの会社がセレクトしたお店が集まっているホーカーがあり(→参考ブログ)、結構影響力があるようです。

ひとたびMBAの授業がスタートしたら、果たしてどれだけ余暇に割ける時間があるか何とも言えませんが、今のうちにこのガイドを参考にいくつか目星を付けて、回ってみたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

シンガポールで買った書籍:リー・クアンユー関連本

という訳で昨日お伝えした通り、SMUも無事合格でして、最後SMUからのメールにある"More details and a formal letter will follow this email"の中身を確認後、NUSに最終決定する予定ですが、週末につき動きがありませんので、今日明日は「つなぎ役」の記事を。

4月7日(木)~12日(火)のNUS及びNTUの「インタビュー&授業見学ツアー」の中で、ちょうど最終日の12日(火)夕方にNUSから合格を知らせるメールが届いたものでしたので、「よし、次に来るときには実際に授業が始まる時なので、それまでの間にシンガポールに精通するための書籍を買って帰ろう」と思い、その足で書店に立ち寄り、硬軟織り交ぜていくつか書籍を購入しました。

今日は、そのうち「硬」の方の書籍の記事を。

買ったのは、シンガポール建国の父と称されるリー・クアンユー初代シンガポール首相(現顧問相)関連の書籍です(→ちなみに、現在の首相のリー・シェンロンは、その息子です)。買ったのは以下のもので、左側が回顧録で、右側がインタビューを収めたものになります。

110423-1 
(↑ 上に変なものが紛れているw)

そもそも約45年前にマレーシアから見捨てられる形で(?)独立せざるを得なかったシンガポールが、今日の目覚ましい経済発展を遂げたのには、リー・クアンユーの政治的指導力なくしては実現不可能な話でして、彼の歴史を知ることが、すなわちシンガポールの歴史を知ることになると思い、これらの書籍を購入した次第です。

ちなみに、あまり後先考えずに買ったのですが、回顧録の方は上下巻セットということもあり、実はこんだけボリュームです♡。

110423-2 
(↑ ボリュームの比較としてアヒルをw)

3冊合計で1,500ページ超(!)あり、単純計算で、7月下旬にシンガポールに移り住むとして日本での残りの生活が約3ヶ月となり、これらを読み切るには、1日平均で16~17ページ読み進める必要があります。今後引っ越し準備等が色々あることを考えれば、「1日だけ20ページとかなら全然問ないけど、3ヶ月間のアベレージでそのペースは、冷静に考えてムリじゃねえ!?」と今にして思うところ(←アホw)。

まあ、当時のkosu0621に簡単な算数の計算能力と論理的分析能力があれば、その場では買わずに、向こうに行ってから買うのが合理的という判断になったと思うのですが、ついいつもの悪いクセで衝動買いしてしまいました。こうした論理的分析能力は、今後MBAを通じて学んできたいと思います(←遅すぎw)。なお、明日は「硬軟の軟」の書籍の記事です。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

SMUから合格通知が来た

さて昨日チラッと予告した通り(?)、昨日21日(木)の夕方から夜にかけて最後の1校SMUより最終結果の通知がメールで来ました。

110422 
(↑ クリックすると「チョビット」拡大)

やけにあっさりした文面ですが、無事合格です。これで、出願したシンガポールの大学院3校については、全て合格を頂けたこととなります。ハッピー♡(←ベッキーっぽく)。

ただ、運命の綾というか、正直出願前は、出願した3校のうちSMUの合否が最後になるとは予想だにしていませんでした。すなわち、各校の出願期限の関係で、SMUは2月末、NUS及びNTUは3月末にそれぞれ出願しましたので、合否の結果の通知もこの順番であろうと考えていました。もしNUSやNTUの発表前にSMUから合格のオファーを頂き、かつ回答期限も両校の発表の前であれば、少なくともデポジットは払ったでしょうし、場合によってはその時点でSMUに進路先を決めて、他の2校の出願を取り消していたかもしれません。

事実、今回の一連の出願を通じて最も印象に残っているのは、SMUなんですよね。というのも、①昨年12月のビジット、②出願書類の提出、③インタビューの実施、④授業見学と、節目となる全ての局面で3校中SMUがトップバッターであっただけに、やはり印象度が他の2校に比べて強くなります。ここら辺は、結婚相手を除けば、一番最初にお付き合いした異性が、その後にお付き合いした異性よりも印象深くなるのに似てるかと!?それに、これまで何度か述べていますが、3校の授業見学を通じて一番美人な生徒はSMUでしたし(←アホw)。

しかし、いかんせん、NUSへ入学受諾の回答書を提出し、手付金の支払いを済ませたその日の夜に合格の通知とはタイミング悪すぎ。。。まあ、今振り返ると、SMUのアドミは対面ではナイスガイですが、メールベースのやり取りでは何度か「放置プレイの巻」となったこともあったのに対して、NUSのアドミは毎回100%確実に24時間以内に(→場合によっては深夜の時間帯とか土曜とかに)回答してくれたことなど、こうした細かい部分の差が今回の運命のいたずらをもたらしたとも考えられ、ある意味NUSを選ぶことが必然的な流れなのかと思っています。

したがいまして、手付金の支払い及び入学受諾の回答書を送付したNUSに進学するということで99%間違いないと思います(キリッ)。

一応残り1%というのは、上記のSMUからのメールに"More details and a formal letter will follow this email."とあるのですが、これが「何じゃらほい?」な感じですので、それを確認の上最終決定することとします(→実は、メールの前後で自宅と携帯にも電話があったのですが、外に出ていて電話が取れませんでした。しかも、シンガポールは今日22日金曜日が「Girl Friend」という「Good Friday」という祝日のようで、次に連絡もらうのは週明け月曜かと思われます)。

そうは言いつつ、ここまで来たら、NUSの授業料を逆転するくらいの奨学金のオファーがSMUよりあるか(←まずあり得ない)、「毎月必ずSQのCAを紹介する」といった強力なインセンティブがない限り(←チョビット期待♡)、NUSへの入学を反故にしてまでSMUに切り替えることはないと考えています。いずれにしましても、週明けの25日(月)には正式にkosu0621の進学先が決定するものと思われます。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。