スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMU MBAの説明会が東京であるそうで

突然ですが、2月23日(木)の午後7時~9時に東京渋谷のアゴスで、SMU MBAの説明会が開催されるそうです(含むサンプル授業)。

http://blog.agos.co.jp/news/entry/2012/01/121742
(↑ クリックすると詳細が)

このブログの今のテーマは、基本NUS MBAにフィーチャーしたものですが、もっと大きく、弊ブログを通じてシンガポールのMBAに興味を持つ日本人が増えてくれたらと常々思っています。なので、他校の宣伝になるようなこともたまにはしてみようと思います。

SMU MBAについては、2008年開校で歴史は浅く、ランキングとかには一切出てこないものの、少人数制や便利なロケーションなど魅力的な面も多く、kosu0621も最後の最後まで迷いました。最終的には、授業の開始時期等の関係からNUSを選び、施設面などトータル的には概ね自分の選択に満足していますが、NUSに在学している今でも「SMUを選んでいたら、どうだったのだろうか!?」と思うことはたまにあります。事実、自分達の代のNUS MBAの女性比率が30%(前年は40%)に対して、今年のSMUの女性比率が52%(前年は45%)ということを知り、「うひょ~、裏目った~」と忸怩たる思いでいます(←オイw)。

SMUに関しては、約10年前に開校したUndergraduateの方では、既にシンガポール国内の評判としてはNUSやNTUと比べても遜色ないくらいのレベルに上がってきたと聞きますし、MBAもどんどん教授やアドミとかをヘッドハンティングしているそうですので、将来性という点ではもしかしたらNUSより上かもしれません。また、これまでSMUの説明会はシンガポール国内のみでしたが、今年から海外でも説明会を開くようなので、いよいよ積極的に海外の学生を取りに行くのかもしれません。

知名度やランキングの関係でMBA終了後に日本に戻るケースでは今の段階ではあまりオススメできないかもしれませんが、シンガポールに軸足を置きたいと考えている場合には、将来性含みで結構面白い選択肢になるのではと思っています。ですので、シンガポールのMBAに興味があり、卒業後もシンガポールで働くことを選択肢に入れている方は、サンプル授業もあることですので、ひとまず東京で行われる説明会に参加してはいかがでしょうか。

p.s.こちらのパンフレット(注:PDF)の17ページ目に出てくるインドネシア人の生徒が、kosu0621がSMUに授業見学にお邪魔したときに「美人だ!」と思った生徒だったような気がします(←アホw)。NUSのMさんもそうですが、実はNTUにお邪魔した時にも一人美人がいて、確かチャイニーズ系のインドネシア人でした(←アホ×2w)。

↓ 結論:中華系インドネシア人は美人が多い(←アホ×3w)
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。