スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級一次試験:振り返り~その6その他

昨日の記事に引き続き、英検1級一次試験の考察です。

なお、すでに何度か申し上げた通り、「これさえすれば絶対合格」などのような万能な勉強法などは存在しないと思っていますので、あくまで今回一次試験を突破できた一受験生の勉強法です。

その中でご自身に合うものを、カスタマイズしながら取り入れ頂ければと思います。

今日は、最終回「その他」ということで、試験当日の試験会場での留意事項についてです。

確かにこうした部分は英語の実力には直結しないことかもしれませんが、実力が拮抗した場合には最後こうした部分で勝負が分かれるのではとも思っています。

では「続きを読む」をどうぞ。

I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

本番当日の試験会場でkosu0621が気をつけた点を4点ほど記します。

1.試験会場に一番乗りする

TOEICと違って指定の教室内では座席自由です。試験会場には早目について雰囲気に慣れると共に、より重要なことはリスニングに備えてベストポジションをキープすることです。


2.最後の最後まで悪あがきをする

受験生の中には会場入り後何もせずにボーッとしている人もいますが、ぶっちぎりで受かる実力がある人以外は最後まで悪あがきをすべきだと思います。

kosu0621に関して言えば、前日までにどうしてもPass単で覚えられない単語の「英→日」のリストをExcelにまとめたものを試験会場に持ち込んで目を通してました。今だから白状しますと、この時リスト化した単語は、Pass単の収録語数が2,500に対して全体の約4割に当たる1,000弱ですねこ

それでも最終的には語彙問題は本番では22/25だったので、やはり直前まで悪あがきはやるべきだと思います


3.マークシートは濃い目の丸まった鉛筆でマークする

マークシートはシャープペンシルなんかより、濃い目の先の丸まった鉛筆でマークする方が絶対に有利だと思っています。

理由は、先の丸まった鉛筆を使用することにより接地面積が広がる分短時間でマークが済み、また濃い目のものを使用することにより、少ない筆圧でしっかりマークできるためです。

確かに時間にして1問当たりコンマ何秒の違いかもしれませんが、ちりも積もれば山となるだと思います。


4.試験本番で心がけたいと考えているポイントを書き出して、試験会場でも見返す

こうすることにより、少なくともそのポイントだけは本番でも守られる気がします。

何をポイントに挙げるかは人それぞれかと思いますが、恥を忍んでkosu0621が
今回実際に書き出して、試験会場でも見返したポイントは以下の通りです。
  • 予期しないことは当然に起こる前提で臨む
  • 総合力で勝負(⇒語彙問題、長文に時間をかけない)
  • 英作文も時間内に書き切ることを最優先
  • リスニングはPart3とPart4にピークをもってくる(⇒Part1、2は1問1問いちいち出来なくても気にしない)

今回の読解問題は、kosu0621にとってまさに「予期しないこと」でありましたが、これらの内容を思い出し、「総合力で勝負」と言い聞かせ、結果的には何とか運よくクリアできたというのが実情です。


まとめ
以上が、当日の試験会場での留意点です。人によっては「さもしい」とお感じかもしれませんが、恐らくぶっちぎりで受かる一部の人を除き、残りはドングリの背比べ状態だと思うので、出来る範囲のことはやるに超したことはないと思われます。


最後に
kosu0621自身、一次試験だけはどうしてもパスしたかったので、かなりドライに考えてきました。したがって、ひたすら「リスクを減らす」ことばかり念頭に置いていたので、勉強自体は味気ない作業が中心でしたが、そこは
二次に進むためのステップと割り切りました。

なお、次は二次試験ですが、こちらは一次と打って変わって「試験の合否度外視」で行きたいと考えています。

ブログの一番初めの記事でも書きましたが、海外駐在というこの一年間の最終ゴールに向かう過程で、英語の面接という真剣勝負の場を経験したいと考えたのが、英検1級受験のきっかけです。なので、特に今回11月の試験については、試験の合否抜きで純粋に英語の面接という貴重な場を楽しみたいと思います。

最後に、今後英検1級一次試験を受験される方にとって、今回の一連の「英検1級一次試験:振り返り」が多少なりとも参考になったと感じて頂けたら、筆者としてこれ以上の喜びはありません。

特に、同時期にブログを開設し、受験前から頻繁に訪問してくれている三毛猫みい子さんどやさ2さん次はお二人の番です

今シリーズはほとんど「笑い」なしできましたが、次回から通常通りに戻ります。

Thank you for reading through my blog entry!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


コメント

私も今回の英検を受けて
「1.試験会場に一番乗りする」
これが、一番重要だと思いました。
CDプレーヤーの前で
それも、受験票を右に置くので、右側に机がある場所がベストですね、

1時間ぐらい前に行けば一番乗りになりますかね?


きんちゃんさん

はじめまして、弊ブログにご訪問頂きまことに有難うございます。

「試験会場に一番乗りする」と書きましたが、実は私の場合正確には「一番乗りするつもりだったけど、着いたら既に受付が始まっていた」というのが実情です(笑)。

試験会場によって事情は異なる可能性があることを前提の上で申し上げると、私の受験したのは東京会場の一つの法政大学工学部でして、受験票には「13時集合」と書いてあったので、実際の試験開始の1時間前の12時30分に到着しました。そうしたら、すでに受付は始まっていて、受付後割り当ての教室に入ると既に3人くらいの受験生がいましたので、恐らく実際の受付は12時20分くらいから始まっていたものと推測されます。私の場合、「前から3番目の教壇から向かって左側の列の中央通路側」当たりを考えていたので、希望通りの席を確保できました。

本番前の準備

こんばんは。私も本番前の準備はけっこう気を使いました。リスニングはやっぱり前のほうが聞きやすいような気がしますし、マーク用の鉛筆の芯を丸めておくことも無意識にやっていました。私の場合は、後半のスタミナ切れに備えて目が覚めるもの(ドリンク剤、カカオが多目のチョコレート)を摂取し、ストレッチをしたり、試験中に集中力のピークが来るように、15分程度腕枕をしたりしていました。ただ、目が覚める飲食物は利尿作用もあるので摂りすぎ注意です。

あ、会場へのバスの中で1100words you needs to knowを悪あがきしていました。その後、会場に入る前に用意したドリンクを飲もうとしたら、それは炭酸飲料で、半分近く吹きこぼれてしまったのも思い出します。

Re:本番前の準備

まいった碧眼のポンコツさん、こんばんわ

お~、まいった碧眼のポンコツさんもドリンク剤を使用するのですね。kosu0621も試験の度に必ずドリンク剤を飲むようにしていますが、さすがにこれは汎用性がないだろうと思って書かなかったのですが、仲間はいた訳ですね。

はじめまして! 前後の記事と合わせて大変楽しく拝読いたしました。
当日一時間前はマストですね。あとマイカーやタクシーを利用せず、公共交通だと車内に他の受験生がいてこちらもやる気がでてきますね(もちろん単語集開いてCD聞きながら)。で眠気覚しと栄養ドリンクをキオスクで飲む事にしてました。あと前回は、長文の時の雑音対策に耳栓持参しました。エッセイ高得点ですと二次もかなり有利だと思います。頑張って下さい!

Anchorsongさん

Anchorsonさん、はじめまして

弊ブログにお越しいただきまして誠にありがとうございます。栄養ドリンクについては、kosu0621も試験毎に飲んでおります。ただし、これはさすがに一部の人のみ向けという感があり、書きませんでしたが(笑)

二次については、ブログに書いてある通り、今回は合否一切無視でいきたいと思います。引き続きよろしくお願いします。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。