スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここまでのMBAの授業で最も印象に残っている教授の言葉

ちょうど昨晩Twittterでツイートしたこともあり、ふとブログでも取り上げたい内容が出てきました。



上記でも触れていますが、ここまでのMBAの授業で最も印象に残っている教授の言葉は、例の赤いシャツが似合うダンディーなAsia Pacific Businesの教授の

「専門的知識とか業界での経験とも当然大事だけど、何より一番大事なのが、周りの人が『この人ならサポートしたい』と思わせる人間的魅力、一言で言えば、charmingであること!」

という言葉です。

今はMBAでガリガリ勉強している身分ですが、結局の所そこに行き着くのかなという気がしています。ただ、これはMBAで学ぶ内容を否定するものではなく、また、こうした思いは、アジア中心とはいえ色んな国から異なる考え方持った人が集まる海外のMBAの生活を通じてより強く感じているものです。

例えば、NUS MBAではグループワークが全ての科目で取り入れられていますが、うち何人かは次のSemester以降も機会があれば是非引き続きチームを組みたいと強く思う反面、ぶっちゃけ、「もうこいつだけは絶対に組みたくねえ」なメンバーも、ごくごく少数ですがやはり存在します(→と言っても1名だけだけど)。もちろん勤勉さとか協調性もファクターに入りますが、つまるところは、その人の"charm"さが多く関係し、反面教師な人も含めて参考になります。

そういう意味では、上記のツイートもNUS MBAを志望する日本人受験生とのやり取りで、自分が接点あるNUS志望者の中で最も頻繁に質問・相談・連絡等でメールのやり取りをしていますが、たとえ授業の準備(試験、レポートなど含む)で死にそうでも、自分の中ではかなり迅速かつ丁寧な回答をしているなという印象です。

それもこれも、この方のNUSに対する本気度合いや下調べが半端ないこともありますが、何よりご自身のcharmさによるところが大きいと思います。だからこそ、kosu0621としても他を差し置いても優先して対応しているところです。

もっとも、その分NUSからの大事なメール(例:休みの期間中のレジデンスの申し込みとか)を何度もスルーしていますがw(←アホw)。

↓ もう少しバランス考えろ! と思う方は押して下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。