スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンパス内のクリニックに行ってきた

という訳で、昨日の続きで、「体調がマジでやばくなってきたので、キャンパス内にあるクリニックに行ってきた」という話です。

NUSの学生は、シンガポール人/留学生の如何を問わず所定のHealth Schemeへの加入が義務づけられ(→これについては、後日どこかのタイミングで記事にするかも)、それに基づきキャンパス内の「University Health Centre」というクリニックが利用できます。

看板


建物の外観


建物の中


順番待ち


お会計


処方された薬その1


処方された薬その2


病院の雰囲気などは日本のそれに近いものがあるのですが、日本のシステムと異なるのは、シンガポールの場合まずはGeneral Practionerの診察を受け、その後必要に応じて各Specialistの診察を受けるというシステムになっています。なので、kosu0621のような「喉が痛い」「咳が止まらない」「こっちに来て彼女ができない」といった一般的な症状は、General Practionerの診察で概ね事足りる感じです(→最後違うw)。

なお、気になる料金ですが、Graduateの学生の場合、15分以内の診察であればS$10(約650円)で、それに処方される薬の分が上乗せされる格好になり、今回のkosu0621のケースでは2種類の薬が処方されて、全部でS$14.55(約920円)でした。

あと今にして「そう言えば日本の病院と異なるなあ」と思ったのが、院内に事務の女性は何人かいましたが、診療部屋には看護師の方は一切いませんでした。もし「白衣の天使」のような女性がたくさんいるのであれば、大した理由もなく通うのにと思うところです(←アホw)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。