スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級二次試験対策開始!でも、今日は別の記事

今日から英検1級二次試験対策開始です。

本来であれば
二次試験対策に関することを記事にするのが筋だと思うし、実際直前までそうしようと思っていましたが、ちょっと別の内容を記事にします。それは、

本日発売の「Windows7」\(^o^)/

ではなくて、同じく今日発売の「AERA English 12月号」です。

AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2009年 12月号 [雑誌]

記事にしたいのは表紙を飾ったマイリー・サイラスではなくて(←しつこいねこ)、特集記事の「最強の英語教材はどれだ」です。最近あまり買わなくなったAERA Englishですが、今月号は読みごたえアリアリでした。

この特集記事はいくつかのパートに分かれていますが、まずは別所哲也さん、鴻上尚史さんなど、英語の堪能な著名人の方のおススメ教材について、インタビューを交えて紹介されています。「フムフム、なるほど。各著名人が(英語の専門家ではなく)英語のユーザーの立場でおススメしている教材については、これはこれで面白い」という感想です(→ネタバレ自重。詳しくは書店で確認を)。

次にこの特集記事のメインと言えるのが、ご存じ竹岡広信さん安河内哲也さんが選んだおススメの教材と教材の選び方のアドバイス。お二人共通のアドバイスは、

次から次へと手を出さない。これと決めたらとことん

翻って、熱しやすく冷めやすいkosu0621は、

次から次へと手を出す。これが合わないと決めたらどんどんアップロードファイル

そうだよなぁ。甲斐性がないのが特にリスニングなんかで響いているよなぁ、と1人日光猿軍団の反省のポーズを取るkosu0621です。

また、お二人ぞれぞれおススメの教材を紹介しており、興味深いチョイスでしたが、1冊だけ取り上げると、
竹岡広信さんのチョイスから、

TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉
「TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉」

ある意味意外なチョイスですが、理由を読んで納得。

「受験生には『センター試験対策は過去問以外は絶対やったらアカン』と言っています。模試や誰かの作った問題集は本物とは違う。TOEICも同じだと思います。」

As I mentioned above(←いきなり英語かい!)、英語学習全般については次々と目移りしてしまうkosu0621ですが、こと試験対策に関しては「過去問絶対主義」を貫き通しています。理由はまさに同じで、英検に関しては、Pass単以外は残りはほとんど過去問に費やしましたし、TOEICなんかも公式問題集以外は、テクニック集1冊とTOEIC用の単語集/熟語集をそれぞれ1冊ずつ使用している程度です(⇒まあ、英検については正直それ以外手を出す余裕がなかった、というのも実情ですがアップロードファイル)。ですので、
竹岡さんのこのチョイス及びどの理由付けは、kosu0621も激しく同意です。

最後に、この特集記事では、松本亨さん國弘正雄さん、松本道弘さん(⇒何とWikipediaに登録されていない!代わりにSPYSEEより)の戦後を代表する英語教育界の巨人の名著も紹介しております。この三人の中では、kosu0621は
松本道弘さんの著書を1冊読んだだけですが、この記事を読んで残りのお二人についても、英検の試験対策がひと段落ついたら(⇒二次試験終了後ファイトOR一次試験不合格通知受領後アップロードファイル)、是非読んでみたいと思いました。例えば、これらなど。

國弘流英語の話しかた英語で考える本

いずれにしましても、
「AERA English 12月号」この特集記事だけでも買う価値あると思います。雑誌は速報性が大事なので、今回記事にしてみました。

I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

AERA English 12月号

AERA English 12月号は読み応えありそうですね。
実は、私も1年以上この雑誌を購読していたのですが、
最近マンネリ化しているような気がして、先月号は買いませんでした。
でも12月号は買います!!

カウントダウンのブログパーツ、
早速今日から使わせていただいています。同じになってすみません。

実際に、いろいろ試してみたのですが、
これが一番、英語学習に合っているし、
他のは私のピンクのテンプレートと同化してしまったので・・・。

Re:AERA English 12月号

三毛猫みい子、こんばんわ
カウントダウンのブログパーツですが、別に私の所有物ではありませんので、別に断る必要はないですよ(笑)。kosu0621ですが、勉強時間をグラフ化できるブログパーツを探しています。以前は、Blog Meterというサービスを利用していて、それはブログ本文に所定の書式で時間を書き込めば自動でグラフ化できる大変便利なサービスでしたが、急に先月末でサービスがストップしてしまいました。現在いくつか候補はあるのですが、いずれも専用のサイトで数字を記入する仕組みなので、ブログ本文にもそうした時間を残す場合、二度手間になり二の足を踏んでいます。

学習時間の記録

実は、私も2年近く前から学習時間を手帳に記録しています。安井京子さんの著書『女は英語でよみがえる』に、英語との接触時間と英語力の相関表があり、1級合格まで500時間の学習が必要なため、記録を始めたのがきっかけでした。
でも、書きっ放しで集計するわけでもなく、ブログ以外に日記・家計簿・体重も記録していますので、大変なので止めようかなぁ、と考えていたところでした。kosu0621さんの記録の目的は何ですか?

AERA English12 月号

AERA English12月号、絶対明日目を通そうと思います。次から次から手をださないことについては、どやさ2も苦手です。どやさ2も1人日光猿軍団をしなくてはならないです(笑)

Re:学習時間の記録

三毛猫みい子さん、こんばんわ
すごいですね。勉強時間に加えて、日記・家計簿・体重までも記録をつけているなんて!
kosu0621が記録をつける目的は、一言で言えば投入した時間を可視化するためです。ただ、kosu0621の場合元来なまけものなので、一人でそれを続けても長続きしないので、ブログを通じて外に出せば強制力となると考えているためです。

Re:AERA English12 月号

どやさ2さん、こんばんわ
そうですか、どやさ2さんもコロコロ教材を変えてしまうタイプですか。それを聞いた安心しました。ただ、どやさ2さんのブログを見てると音読などをきっちりやっておられるようなので、そこはkosu0621と違うところですね。見習いたいと思います。

Re:Re:学習時間の記録

なるほど!やっぱりモチベーションアップにもつながるのかもしれませんね。
私は時間を付けるのは、性格的に合わないみたいだしなぁ。2年近くも記録してきたけど、役に立ってないような・・・。日記は、そのときの気持ちを残せるし、家計簿はお金の流れが把握できるし、体重は増減が管理できるので、続けているのですが。
ブログの最後に学習時間を記録していくのもいいかもしれませんね。ちょっと、やってみようかな。

Re:Re:Re:学習時間の記録

>私は時間を付けるのは、性格的に合わないみたいだしなぁ。
kosu0621からすると、これまで2年近く記録を続けてきた時点で向いていると思います( ゚Д゚) ス、スゲー! 。kosu0621の場合、これまでの人生で「勉強時間の記録」「早起き」「食生活の改善」など、これら全てが3日坊主の繰り返しなので、強制力の一つとしてブログを活用できないかと考えている次第です。

Re:Re:Re:Re:学習時間の記録

3日坊主でいいと思いますよ。学習時間を記録してなくても、英検1級初受験であんなに点数が取れたわけですし。私なんて、ただ記録してるだけで、止めたら後で後悔しそうな気がして止めれないんです。ブログは始める人も多いが、途中で更新をやめる人が多いと本で読みました。私の場合、他の方々からのfeedbackという副産物を予想していなかったので、想像していた以上モチベーションアップにつながっています。ゆっくり書く時間もなく下手なブログ(間違いも多い)ですが、続けていきたいものです♪

Re:Re:Re:Re:Re:学習時間の記録

>ブログは始める人も多いが、途中で更新をやめる人が多いと本で読みました。
これはkosu0621も懸念しているところです。何とかお互い励まし合いながら頑張りましょう!

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。