スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールでプリンターを買った

週末につき授業はないので、「MBAの授業が始まった」シリーズは小休止で、代わりに別の記事を。

部屋のスペースの問題等があり、こっちに来て以来買おうかどうかずっと迷っていたのが、プリンターです。事実、1つ上の代の知り合いにアドバイスを求めたところ、「図書館でプリントアウトできるし、昨年からはMBA学生専用のMBAラウンジでもプリントアウトできるようになったので、なくても大丈夫だよ」という回答をくれました。

ただ、英語面で不安を感じるkosu0621にとっては、事前の資料の読み込みは欠かせないと思うところ、資料を打ち出したい時にパッと打ち出せる環境を整えることは、やはり大事だろうと思い買うこととしました。

購入するモデルを決定するに当たっては、以下の機能を条件としました。
  • カラーコピー機であること(→こっちではモノクロ機も結構あります)
  • 自動両面印刷ができること(→日本では廉価版を除き、当たり前の機能と思っていましたが、両面印刷ができる機種は意外に限られています)
  • スキャナーとコピーもできる複合機であること(→やはり何かの場面で必要になりそう)
  • Wi-Fi接続できること(→毎日携帯するPCなので、部屋に戻る都度USBでプリンターに接続するのは、カッタルイ)

反対に選択に当たり、重視しなかったのは以下の部分。
  • プリントスピードは速いに超したことはないけど、インクジェット・プリンターで十分(→こっちでは、レーザー・プリンターの比率は、日本より相対的に高い感じです)
  • 画質は最低限のレベルでオッケー(→あくまで授業の資料の打ち出しがメイン)

せっかくシンガポールで購入するので日本ではあまりお目にかかれない海外メーカー(例:サムソン、LG、HPなど)の製品も面白いかなと思いましたが、上記選定基準で絞ったところ、中々手頃な価格で合致するモデルがないつものようにく、結局はキャノンの「PIXMA MG5270」という海外モデル(→PIXUSの海外版(?))を299ドル(約2万円)で購入しました。



で、いつものように開封の儀を。

段ボールを開けた


製品本体


付属品など


マニュアルは4カ国語を併記


その後Wi-Fiの設定も含めて各種設定作業を経て、テスト印刷



【まとめ】
当初は1つ上の知り合いのアドバイスもあり、プリンターはなくてもいいかなと考えた時期もありましたが、やはり今週から授業が始まり、日本人の自分には事前の準備が他の生徒以上に重要でるあることが痛感している中、打ち出したいときに打ち出せるというのは自分にとってはすごく重要なことと実感し、これなら投資に見合うメリットはあると言えそうです。

また、複合機とした点ですが、各テキストが大体800ページくらいあって、1日2科目ある日が週2回あることを考えれば、パソコンと共にとても毎日何冊ものテキストを持ち歩くことは耐えられず、章ごとにビリビリ切り取り、章の変わり目はコピーして必要な部分だけ持ち歩くようにしようと思っていますので、複合機を選んでよかったと思っています。
 
↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。