スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍スキャン代行サービスを使ってみた

さてシンガポールへの引っ越し準備の一環で、今本棚にある書籍を電子化することとしました。一応スキャナーと裁断機があるので自分で自炊可能ですが、それなりの冊数があり、かなり時間がかかりそうでしたので、昨年辺りから増えだした書籍スキャン代行サービスを利用することとしました。

業者を選定するに当たり、こちらの比較サイトを参考に。

http://www.bookfire.net/

正直「既にこんなに業者あるの!?」とビックリしましたが、「カード払い可」、「納品方法がダウンロードとDVD納品から選択可」、「File名変更可」、「OCR処理可」など基本的なサービスの内容は大差ないという印象です。

そんな中で、自分なりの選定基準としては、①サイト上に「現在の納期の目安」を明示している、②納期は最大10営業日程度、③注文後の進捗状況を逐次サイトから確認可能、という点で絞り込んだ結果、選んだのが以下の業者。

http://netscan.tocca-net.jp/

事前にこうした籍スキャン代行サービスの感想などをネットでチェックしてみましたが、どうも過大な期待はできないようで(→参考記事:その1その2その3)、kosu0621としても期待値はそれ程上げずに発注しました。

で、出来映えですが、「自分的には全然オッケーなレベル」という感じです。画質は「とりあえずフツーに読めればオッケー」という点では十分に合格点ですし、確認した範囲では「ページの漏れ」、「順序がバラバラ」、「上下が反対」などの致命的なミスもありません。納期も概ねサイトで記載した通りだったと記憶しています。

何より目に見えない心遣いとして、スキャンする段階で、縦書きの日本語書籍であれば「右開き」、洋書であれば「左開き」と、右綴じか左綴じに応じてPDFファイルを設定してくれているので、Acrobat Readerなどで「見開き」で閲覧する場合に、ページが左右反対になるという問題もありません(→但し、Macのプレビューでは一律に「左開き」になってしまうようです)。

あと自炊したデータをiPadで閲覧するアプリとしては、以下の「i文庫HD」が、左右両方の見開き表示対応、DropboxやSugarSyncとの連携などの点で使い勝手がいいように思います。

i文庫HD 1.09App
カテゴリ: ブック 価格: ¥800
更新: 2011/04/29

ひとまず今回は「試しに」ということで一部だけ電子化しましたが、実用的に問題なさそうということがわかりましたので、さらに引っ越しを前に電子化を進めたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。