スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールの学生ビザについてまとめておく

さて昨日パスポート切替の記事を書いたついでと言ってはなんですが、自分の頭の整理&将来シンガポールへの留学を検討されている方のリファレンスのため、シンガポールの学生ビザの申請プロセスについてまとめておこうと思います。

シンガポールのビザは、Immigration & Checkpoints Authority(ICA)という組織が管轄していて、そのサイトの"VISITOR"のグループの1つの"Apply for Student's Pass"のセクションに学生ビザの記載があります。さらに、学校の種類ごとに細分化されており、MBAなどの大学院の場合は、"Polytechnics and Universities"が該当する訳です。

で、これを熟読すれば必要な情報が全て網羅されている訳ですが、ボリュームもそれなりに多く、その都度何度も読み返すのも効率よくないので、NUSの資料なども参考にざっくりと手続きの流れをステップごとにまとめておくと、以下のような感じ

ステップ1:学校側が申請の登録
まずは、学校側がシステムに申請の登録。登録内容は、以下の情報。
  • 学生の氏名、生年月日、性別、国籍
  • 授業のコースの詳細、開始日及び終了日
  • システム上の申請整理番号

ステップ2:学生側が"eForm"を提出
次に、学生側がシステムにログインして、"eForm"を提出。必要な情報は以下の通り。

  • ログイン情報を含む大学からの登録確認通知
  • 渡航書類、パスポート情報(パスポーt番号、有効期限)
  • シンガポールでの住所
  • Eメール・アドレス
  • パスポートサイズの写真1枚(→プリントアウトしたeFormに貼付~ステップ5でICAに提出)

ちなみにパスポートサイズの写真については、いくつか規定があるようで、サイズは日本のそれと同じであるものの、「背景が白」という規定があり、昨日申請した日本のパスポートの写真は背景が薄い青なので(←近所の写真屋で撮り、白と二者択一の所薄い青をチョイス)、再度撮り直しと判明し、涙目の巻。

ステップ3:仮の承諾書の発行
eForm提出後、学生ビザの仮の承諾書(in-principle approval (IPA) letter)がNUSを通じて送られてくる。

ステップ4:シンガポールへの入国
入国審査時にはパスポート共にIPA letterを見せて入国。通常の観光等と同様に出入国カードの半券を受領。

ステップ5:正式手続の完了
最後のステップとして、ICAに必要な書類を提出して正式手続が完了。必要な書類は、以下の通り。

  • パスポート及び提出用のパスポートのコピー
  • 入出国カード
  • パスポートサイズの写真1枚(背景白)(←泣)
  • eFormのプリントアウト
  • IPA letterのコピー
  • 所定の健康診断書

ちなみに、通常はICAに出向いて手続をするようですが、NUS MBAでは、オリエンテーション・ウィークの一環として、7/28(木)にICAが学校に来てブースを設けてそこで手続をするようです。

ステップ6:学生ビザの受け取り

オリエンテーション・ウィークの最終日の8/5(金)に受領予定。出力してサイン済みのTerms & Conditionsの提出も必要。

【まとめ】
といった所が、シンガポールにおける学生ビザ発給の一連の流れとなります。

他国に比べての特徴としては、ビザ発給に際して日本のシンガポール大使館に出向く必要はなく、かなり手間としては少ないような気がします(→逆に言えば、シンガポール大使館はビザについてはノータッチで、昨日の記事でも触れたパスポートの有効期限と学生ビザ申請との関係で最初シンガポール大使館に問い合わせたところ、「ICAか学校に聞いてちょ」と言われました)。さらにNUSに関して言えば、上記のステップ5での正式手続の部分で、本来学生側がICAに出向いて手続するところ、ICA側がNUSに出向いてブースを用意してくれたりするなど、学生側の立場からすると至れり尽くせりな感じがします(→ただ、これについては恐らくNTUやSMUも同様と思われ)。これらはいずれも外国人の受け入れに積極的なシンガポールだからこその措置かもしれません。

また、入国前は仮の承諾書のみを発行し、正式手続及び学生ビザ支給は入国後に行うというのも、中々おもしろいやり方だなと思いました。国が違えば、ビザの支給手続も色々違ってくるということで色々勉強になりました。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

kosu0621さん

またまた、とても為になる情報を有難うございます。
そろそろ真剣に作業を開始しなければと思っていたところでした。

ご指摘の通り、NTUの場合にもICAが来てオリエンテーションウィークに作業を完了できるようになっているようです。

一点、健康診断については手順が異なるかもしれません。
NTUの場合、登校初日(7月下旬)に健康診断用整理券をもらい、数日後に受診し(S$55)、その結果を8月下旬に来校するICAに提出するようです。

健康診断で何か重大なものに引っ掛かると、強制帰国っぽいです。。。
体調管理には気を付けます(もう遅い?)

indyracingさん

indyracingさん、こんばんわ

コメント有り難うございます。そうですか、やはりNTUもICAが来てくれるんですよね。また、NTUは健康診断も現地受診でいいですね。NUSでも大学のクリニックで受診可能なんですが、オリエンテーション開始が7/26で、寮に入れるのが最短でも7/23又は24のところ、ICAが来る日が7/28でして、そのタイミングで所定の健康診断書を提出するには7/20以前に受診しないと診断書を受領できないので、結局は日本で準備するしかないんですよね。

ちなみに明日がその健診です。MBAの受験期間中はBMIが悪化の一途を辿ってマズイのですが、もうどうしようもありません(-_-)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名希望さん

あとでメールします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。