スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文の健康診断書の手配(続き)

という訳で昨日の続きで、出発前の準備の一環で、英文の健康診断書の手配をするという話です。昨日のおさらいをすると、

「NUSでは大学用とVISA用の2種類の所定の英文の健康診断書の提出が必要なところ、既存の健保組合の健康診断を利用して、ついでに所定の英文の健康診断書も記入してもらうという『オレって天才かも!?』的スキームが浮かんだ。そして候補の医療機関が1つ見つかったので、『もしもし』してみた」

という話の流れです。

で、今日はその続き。電話で事情を説明したところ、向こうのこの手の相談はしばしば受けるようで、慣れた感じで「ホイホイ」という感じで理解してくれました。その後提出が要請される所定の英文診断書のフォームなどをメールで送ったりして、既存の健保組合の健康診断をベースにいくつかの追加検査と別途英文フォームの記入で完了できるか確認してもらいました。

で、確認してもらったところ、結論としてオッケーとのことで、その他細かい部分の取り決めとしては以下のような感じです。
  • 追加の検査項目は、3項目
  • 上記の追加の検査項目3項目と所定の英文の健康診断書への記入2通合わせて、追加料金は15,000円
  • 英文の健康診断書の記入ができるドクターが来るのは、週1なので健康診断もその日に限定

どうもトラベルクリニックについて調べて見ると、それを事業の柱にしている医療機関もいくつかある中で、kosu0621が今回コンタクトを取った医療機関はあくまで総合的なクリニックであり、こうした英文の診断書作成は副次的な業務に過ぎないので、まあ検診を受ける日が限定的である点などは致し方ないところ。また、費用についてもシンガポールのクリニックで受診すれば全然安いのですが、VISA発給のタイミングもあり、自分にとっては日本で受診するという選択肢がベターな感じです。

なお、既に検診日程などは予約しており、検査結果が出て、英文の診断書の記入してそれを受領するまでの期間も大体確認済みですが、出発する日から遡ってもスケジュール的には「余裕のよしこちゃん」な感じです。もっとも、これで健康診断の結果が「ちょいとBMIが高めです」なんて言われた日には、(´・ω・`)ショボーンとなりそうですがw。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。