スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールで買った書籍:リー・クアンユー関連本

という訳で昨日お伝えした通り、SMUも無事合格でして、最後SMUからのメールにある"More details and a formal letter will follow this email"の中身を確認後、NUSに最終決定する予定ですが、週末につき動きがありませんので、今日明日は「つなぎ役」の記事を。

4月7日(木)~12日(火)のNUS及びNTUの「インタビュー&授業見学ツアー」の中で、ちょうど最終日の12日(火)夕方にNUSから合格を知らせるメールが届いたものでしたので、「よし、次に来るときには実際に授業が始まる時なので、それまでの間にシンガポールに精通するための書籍を買って帰ろう」と思い、その足で書店に立ち寄り、硬軟織り交ぜていくつか書籍を購入しました。

今日は、そのうち「硬」の方の書籍の記事を。

買ったのは、シンガポール建国の父と称されるリー・クアンユー初代シンガポール首相(現顧問相)関連の書籍です(→ちなみに、現在の首相のリー・シェンロンは、その息子です)。買ったのは以下のもので、左側が回顧録で、右側がインタビューを収めたものになります。

110423-1 
(↑ 上に変なものが紛れているw)

そもそも約45年前にマレーシアから見捨てられる形で(?)独立せざるを得なかったシンガポールが、今日の目覚ましい経済発展を遂げたのには、リー・クアンユーの政治的指導力なくしては実現不可能な話でして、彼の歴史を知ることが、すなわちシンガポールの歴史を知ることになると思い、これらの書籍を購入した次第です。

ちなみに、あまり後先考えずに買ったのですが、回顧録の方は上下巻セットということもあり、実はこんだけボリュームです♡。

110423-2 
(↑ ボリュームの比較としてアヒルをw)

3冊合計で1,500ページ超(!)あり、単純計算で、7月下旬にシンガポールに移り住むとして日本での残りの生活が約3ヶ月となり、これらを読み切るには、1日平均で16~17ページ読み進める必要があります。今後引っ越し準備等が色々あることを考えれば、「1日だけ20ページとかなら全然問ないけど、3ヶ月間のアベレージでそのペースは、冷静に考えてムリじゃねえ!?」と今にして思うところ(←アホw)。

まあ、当時のkosu0621に簡単な算数の計算能力と論理的分析能力があれば、その場では買わずに、向こうに行ってから買うのが合理的という判断になったと思うのですが、ついいつもの悪いクセで衝動買いしてしまいました。こうした論理的分析能力は、今後MBAを通じて学んできたいと思います(←遅すぎw)。なお、明日は「硬軟の軟」の書籍の記事です。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。