スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NUSからの入学オファーに対する回答の準備

という訳で昨日お伝えした通り、NTUについては「泣いて馬謖を斬る」が如く苦渋の決断をした訳ですが、そろそろ26日(火)が回答期限のNUSについても準備を進めなければなりません。

まだSMUの結果が出ていないのですが、NUSとコスト面での比較で言うと、NUSからの奨学金も加味すると授業料で約80万円ほどSMUの方が高くつき、また住居の面では、NUSではGraduate Residenceが利用可能に対して、SMUでは自分でアパート等を確保する必要があり、さらにその差が広がる可能性が高いところ。

もちろん欧米(特に米国)のMBAに比べれば安上がりと思いますし、SMUでも何とか賄える金額ではあるのですが、両校を比較した場合に、80万円以上上積みしてまでもNUSに比してSMUのメリットがあるかと言われると、そこまではないような。なので、SMUから余程インセンティブを含んだオファーがない限り、やはりNUSを選ぶという結論に落ち着くのが妥当ではないかと考えています。まあ、SMUから「うちに来れば、"Business Study Missions"と称して毎月SQのCAとの合コンをセッティングするから♡」と言われれば、翻意するかもしれませんが(←アホw)。

という冗談(≒妄想)はさておき、明日にでもNUSへ入学オファーに対する回答の書類を郵送できるようスタンバイだけは済ませました。

まずは、回答書

 110420-6 
(↑ お約束ですが、関係ないものが紛れているw)

続いて、奨学金関連の書類

 110420-5 
(↑ 言わずもがなw)

このほか、「パスポートサイズの写真3枚」ということで、既にNTU及びSMUの出願で用いたものがるので、それを焼きましたものを用意。あとは、「手付金S$5,000(約34万円)」の支払いですが、「bank draft(銀行小切手)」のほかクレジットカード払いも可能ですので、後者で支払い予定。

てな感じで、NUSへの入学受諾に向けて臨戦態勢は整いました。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。