スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

という訳でSMUのインタビューでした

という訳で、今日はSMUのインタビューでした。インタビューアーは、MBAのProgram DirectorとFaculty1名の2名でした。

110321 

結論から言うと、決して「うまくいった♡」と思うには程遠い出来で、「もし純粋にインタビューのみの評価で合否が決まるのであれば、かなりマズイよね」という感じです。

準備期間が短い中でのかなりポイントを絞って対策したためか、本番では準備していない質問項目がかなりの部分を占め、あまり効果的でない回答を随所に連発してしまったような。事前に準備していない質問でも、今にして思えばちょっと冷静に考えればもっと効果的な違う回答があったのに悔やまれる感じです。

さらによくないのが、「超典型論点」として事前に準備した数少ない想定問答の一つである"Why SMU?"において、何故か本番では3つ用意した理由付けの1つがど忘れしてしまい、固まってしまったこと。"Why SMU?"なんて、ある意味一番大事な質問項目だと思うので、これは本当にマズイでしょ。一応、インタビュー後の"Thank you letter"メールでフォローしておきましたが。

何というか、インタビュー全体の出来として、本来アピールすべきポイントを織り込む機会がなく、逆に失敗ばかりが目立ったような。

ちなみにSMUに係る今後のスケジュールとしては、来月中旬にAdmission Committeeが開かれそこで審議にかけられ、来月末までに通知されるとのこと。ぶっちゃけ純粋なインタビューの出来のみで判定されるとキツイので、あとは日本人アプリカントの希少性という面で下駄を履かせてくれないかと祈るばかりです(←オイw)。ただ、この学校はそもそも日本向けに説明会などを実施している訳ではなく、いくらDiversityが重要だからといって、無理に日本人を欲している雰囲気はなさそうな気がしなくもなく。

まあ、今回のインタビューだけを取り上げると「失敗」の部類に入る感じですが、この経験を次のNUSやNTUではきっちり修正していきたいと思います。そうは言いつつ、このインタビューの前に授業を見学させてもらい、「やっぱフィーリング的にはSMUいいねえ」と感じた中でのインタビュー不出来なので、ショボーン (´・ω・`)の巻。なお、この授業見学の話は次回の記事で。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。