スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセイの英文校閲

昨日の続きで、NUS及びNTUのエッセイについては、アゴスのカウンセリングが終了し、内容面では固まった感じです。あとは、最後の仕上げとして文法や言い回し、単語の選定などの英文校閲を経てエッセイも完成となります。

アゴスのネイティブのエッセイ・カウンセリングでは、大まかな英文のチェックはするものの、一文一文きっちりチェックする訳ではなく、この点他のアゴスの受講生はどうしているのか担当の日本人カウンセラーに確認したところ、「Essay Edge等の英文校閲サービスを利用している方ももちろんいますが、特にそうしたことをせずにそのまま出す方も少なくないですよ」とのこと。

kou0621としては、「このまま出すのはちょっと不安だけど、さりとてMBA受験プロセス全体を考えた場合、エッセイの英文校閲に必要以上に時間とお金を費やすのは避けたいなあ」と考えたので、「手持ち」のリソースを利用することにしました。

110317 

それは、「普段通っている英会話学校のインストラクターにチェックしてもらおう」というものです。kosu0621が通っているのは、首都圏でお馴染み(?)の「緑」がテーマカラーのマンツーマン専門の英会話学校なので、そうしたリクエストは問題なく聞いてくれます。

もしかしたら専門のサービスを利用すればさらに洗練された英文が出来上がるのかもしれませんが、「非ネイティブが書いたエッセイに対して一般的なレベルでミスを直してくれれば十分」と思っていたので、費用対効果の点でいいのかなと思います。

さらにkosu0621のインストラクターは、元々は広告業界出身なので、「わかりやすく伝える」ことを生業といていたので、エッセイのカウンセラーとはまた違って視点を与えてくれます。

あとは、先日アゴスとのカウンセリングを経て完成させたNUSとNTUのエッセイをチェックしてもらえば、エッセイも完成です!

が、ここに来て問題が。。。今回の計画停電及び鉄道の運行状況の関係で、直前のレッスンがキャンセルになったんですよね。一応、次回のレッスンは行われる予定ですが、ちょいと不安です。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

突然のコメントで失礼します。

ほとんどの英文校閲業者は原稿内容を専門とする人が担当するので、それなりに安心感ありますけれど、校閲後に質問事項が沢山ある場合、担当者に直接質問できないのがネックですよね。

今はなんでもネットを通じて行われますけれど、直接対面して意見を聞きたいと思うこのごろです。

ATさん

ATさん、コメントありがとうございます。

そうですね。ATさんのおっしゃる通り、専門の英文の校閲業者と知り合いのネイティブにチェックしてもらうのはそれぞれ一長一短があると思われます。それぞれのメリットを活かしてうまく利用していきたいと思います。

英文校閲

投稿論文の英文校正なら値段的にも質的にも
http://www.uni-edit.net/
がよかったです。
何回か再校正もお願いしたのですが無料で見てくれ、親身になってくれて気持ちよくやり取りができましたよ。あと、無料でメールで発行してくれる英語論文執筆のヒントも論文を書く上で大いに役立ってます。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。