スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦労したビデオによるエッセイの回答

という訳で、昨日の記事で書いた通り、今月末出願期限のSMUについてはオンラインによる出願書類の提出及びサポート書類の郵送をもって、ひとまず出願手続は完了となったわけです。

そんな中最後の段階で色々手間がかかったのが、ビデオによるエッセイの回答。英語での回答もさることながら、細かい作業面でも結構時間が取られました。

110223 

テーマは「How will you contribute to the SMU MBA programme?」でして、持ち時間2分以内。制限時間を考えれば、分量的には200ワードくらい喋る感じで、原稿を用意しました。

で、実際ビデオ撮りしてみると、まずそもそも覚えた原稿を2分間トチらずに喋り切ることがかなりの難儀。最後の方は大分マシになってきましたが、最初の方は10回に1回とかそんなレベル。

しかも、何とかトチらずに喋り切った映像を見ても、悲しくなるくらい「典型的なジャパニーズ・イングリッシュ」。具体的には、①発音がダメダメ~、②アクセントや強勢(ストレス)がなさ過ぎ~、という感じ。ただ、このうち①の発音については、一朝一夕でなんとかなるはずもなく、こちらについては諦め、②のアクセントや強勢(ストレス)について最低限意識するようにしました。それと、これに関連して、センテンスごとの「間」を意識するようにしました。

とまあ、そんなこんなで、通算でかれこれ何テイクしたかわかりませんが、ひとまずトチらずに喋り切った8本分のビデオから比較検討し、「まあ、これでギリどうかな!?」というのを一本選びました。その後、不要な部分の編集作業や、学校側が指定した容量制限の関係でサイズを変更したりなどの事務作業を経て、最後昨日送付したサポート書類に含めるべくCD-ROMに落として「一丁上がり」と相成った次第です。

実のところ、ビデオによるエッセイの回答は、kosu0621の受験する3校ではSMUだけで、出願の選考において正直このビデオ・エッセイでネイティブを含む他の受験生と対等に互することはハナから無理な相談で、「落とされないレベルに仕上げる」ことが主眼となりました。一方で、完成まではそれなりの時間を投下せざるを得ず「ROIチョ~低ぅ~」と思いながら取り組んだ訳ですが、今にして思えば、このタイミングでこの作業を経験できてよかったなあと思う部分もある訳です。それについては。。。

あ、そう言えば、推薦人お二人に「出願が完了したので、推薦状を学校に出してください」とメールするのを失念していて、先にそっちを済ませる必要があるので、また明日♡。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。