スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い当たる節

という訳で、IELTS第1回目はスピーキングで「クールポコ状態」(注:「やっちまたなあ」の意w)が響いて、目標点に未達だった訳です。目立った「ミス」としては、途中で「花」に関する質問が続いた時に英語での花の名称が出てこず、思わず日本語のまま"Kiku(菊)"と言うなど(←オイw)、回答に窮する質問が続いた箇所があった点です。

ただ、これだけなら多少の減点要素にはなっても、いくらなんでも「5.0」はありえない訳で、今振り返ると「スピーキング全体を通してこっちの方が余程マズかったのでは!?」と思い当たる節がある訳です。

110130 

それは、

質問に対して適切に答えずに、喋りたい内容(喋れる内容)を「ダーーーーーッ」とまくし立てていた

ということ。

本来、面接官の「質問」に対しては、受験生として「質問に対する回答+サポート」を投げ返すべきですが、つい自分の中では「fluency(→平たく言えば、「沈黙」を作らないこと)」に頭が一杯で、今思えば「喋りたい内容(喋れる内容)」をひたすら思いつくままに喋り続けていたような。芸人で言えば、アンタッチャブル山崎みたいに「後先考えずにとりあえず喋っちゃう」みたいに。

極端な例で言えば、「日本食が好きですか?それとも西洋料理が好きですか?」という質問に対して、「中華料理!」と聞かれていない回答をし、さらにそのサポート部分として、「うちの近所に昔ながらの中華料理屋があって、そこのウェイトレスに一人若くてかわいくて、なおかつ接客もすごいハキハキしている女性がいるんです。芸能人で言えば、若い頃の田中律子みたいな感じなんです。So, that's why I like Chinese food :-) 」のように全くサポートになっていない単なる周辺情報を力説していたようなw。

要するに、質問を無視して「喋りたい内容(喋れる内容)」の発話に終始していた感じです。この場合で言えば、「近所の中華料理屋のウェイトレスは可愛い」という話せる又は話したいネタがあって、料理関連の質問ということだけで質問内容を吟味せずに話してしまうみたいな。あ、ちなみに「近所の中華料理屋のウェイトレスは可愛い」というのはマジネタです。テヘ。(←単にそれが言いたかっただけダロw)

この傾向は、「Part1:Personal Questions」、「Part2:Speech」、「Part3:Discussion」から成るスキーキングセクション全体を通じて満遍なくやっているなあという印象です。もう既に受け終わった2回目も含めてね(涙)。

今になって思うことですが、ライティングもそうですが、どうもIELTSは「聞かれた問いに確実に回答する」ことを外すといくら周辺情報を「ペラペラ」喋っても点数につながらないのではと。もちろんこれはどんな試験であってもそうですが、特にIELTSの場合その傾向が強いのではと思うところ。翻ってkosu0621はと言うと、「全体として一定の会話能力(主にFluency)を示せれば、そこそこの点数は付くでしょう」と甘ったれた考えでいたのですが、どうも違うような。。。そう考えると、表面的な「ペラペラ」感はそんなに悪くないと思っていたのですが、2回目のIELTSのスピーキングも、あまり点数出ないかもという恐れが強いです。いやはや自分が悪いとはいえ、「後悔先に立たず」「覆水盆に返らず」「スピーキングやり直せず」といったところです(←最後違うw)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

スピーキングへの不信感

今回スピーキングは今までで最高だったヒトです。(6.5)
私はもう何だかIELTSスピーキングの基準が不明であります。
というのも、文法は時制を間違えていましたし、後の状況はkosuさんと似ているのですが、上記のスコア……。
前と比べて、態度以外は(爆)客観的大して違わないはずなんです。
誰がどうやって成績つけているんでしょうね?(; ̄ェ ̄)おかしい。

Sionoさん

Sionoさん、こんばんわ

おお~6.5ですか。羨ましいです。Sionoさんは、先日のTwitterで「志望校の点数が変わっていた」とおっしゃっていたのですが、ひょっとしてOverall7.0が必要なんですか?最近欧州系は7.0以上に引き上げているケースは増えていると聞きます。

自分はまだ1回しかサンプルがないので、何とも言えないのですが、本当どうなんでしょうね。他の方々のケースを見ても「いけた!」と思った時に点数が出なかったり、その逆もあったりと本人の感触と必ずしも一致しないことは少なくないようですね。

ただ、自分の中で「全体通じて一定の会話力を示せばOK」と考えていたのは、どうも間違いなさそうですね。いはやは痛い授業料ですが、まあ済んだことはどうしようもないので、2月も受験する場合にはそれを活かすのみです。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。