スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTS第2回目受験2日目

と言う訳で、行ってきましたブリティッシュ・カウンシルの無料体験レッスン。もとい、IELTS2日目のスピーキングのセッション。

結論から言うと、準備の点でかなり「チョンボ」しちゃいました。午後一の試験ということで昼食をガッツリ取ってから臨んだのですが、ちょうど始まる直前に強烈な睡魔が襲ってきたんですよね。いや、会場入りする前に近くのタリーズコーヒーでコーヒーを飲んだのですが、「カフェインがタリーズ(=足りず)」という感じで(←寒ッw)。

リラックマ的に言えば、「目からシャッターがおりてきました」という表現がピッタリな状況に陥りました。こんな感じで。

110123 

そんなアウェー感100%な状況での受験となりましたが、試験の出来としてはこんな感じ

スピーキング
  • 致命的になるような「長時間の沈黙」などはなかったけど、やはり全体的な出来は前回の方がいいかな
  • 前回はスピーチの部分でまくし立てて時間前に終わったのに対して、今回は途中で淡々と喋り続けていたらタイムアップ。どっちがいいだろう
  • 前回は途中から「スイッチ」が入ってかなり早口になったのに対して、今回はいい意味でも悪い意味でも「淡々と」回答した感じ。やっぱ、attitudeの点で問題あるかな

前回の「花」のような突飛な質問はなかったけど、いかんせんこの期に及んでの眠気が半端なく、頭が回らず、全てが「無難に回答」という感じでした。。。これがMBAのインタビューだったら「コイツ本当にウチに来たいの?」と熱意を疑われそうな感じかも。

【まとめ】
IELTS2回目全体を振り返ると、リスニングは2回目が良く、リーディングは前回と同じかやや良い、ライティングとスピーキングは1回目の方がいいかなという感じ。でもって、最終的なOverallのバンドスコアは、同じレンジに落ち着くかなという予想です。希望的観測込みですが。

何はともわれ「2週連チャン」のIELTSはこれにて終了です。反省点としては、GMATもそうですが、受験する以上は試験対策のみならず気持ちの面でピークを試験日に持ってこれるかどうかで結構点数に影響しそうということが改めてわかりました。マジで試験の出来は、試験対策半分、メンタル半分かと。今月は、「12日にGMAT2回目→15-16日にIELTS1回目→22-23日にIELTS2回目」と受験しましたが、スケジュール的に無理が祟った感じで、「結局どれも中途半端じゃあね!?」という思いが強く残りました。特に今回のIELTS2回目は、この一週間「エッセイ・モード」に入った中での受験というのも、気持ちの切り替えの面で難しかったように感じます。

IELTSに関しては、2回の受験のいずれかでシンガポールの大学院出願の最低ラインとなる6.5が確保できれば恐らく「IELTSはこれにて終了」となると思いますが、保険の意味で来月のIELTSも申し込んでいるので、もし受験する場合には、今回の一連の反省点を活かしたいと思います。

ひとまず終わったことはしょうがないので、反省はここまでで、嫌なことは忘れて引き続きエッセイ等の作業に戻りたいと思います。リラックマも「いやなコトをすべて湯に流すんです」と言っていますしね。こんな風にね。

110123-2 

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。