スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IELTS初受験2日目

昨日に引き続き、IELTS初受験の2日目ということで、夕方にスピーキングに試験に臨みました。会場は神保町にあるJAC Recruitment東京本社でした。「JAC」と言えば、俳優の千葉真一さんが設立し、真田広之さんなどがそこの出身者として有名なところです(←それは「ジャパン・アクション・クラブ」w)。

さて、いかんせん受験一回目ということで、昨日同様に試験の内容そのもの以前に、当日の受験環境などの面で「しょうゆうこと!」(←村上ショージかw)と実際に受験して初めてわかった点が色々あるので、以下備忘的にメモメモ。
  • 受験生ごとに時間が区切られているせいか、IDチェックチェックはスムーズに
  • IDチェック後の待ち時間については、係の方に確認したら、資料のチェック等はOKでした
  • 試験の開始は、待合室にネイティブの試験官が呼びに来るスタイル
  • 係員は女性が3人いて、うち1人はkosu0621のタイプ♡(←関係なしw)

で、肝心なスピーキング試験の出来映え

スピーキング
  • 全体的な感想は、「まあ途中色々あったけど、全体的には悪くはないと思うんだけど。。。で、どうよ?」という感じ。ただ、いかんせん点数の感覚がわからず
  • 想定の範囲内ですが、トピックとしては色んなパターンがあり、事前の予想される論点のつぶし込みは、一定の効果はあるものの、むしろ「それ以外のことが半分以上聞かれる」という心構えでちょうどいいと思った
  • 反省点としては、致命的になる程の沈黙はなかったけど、試験本番ゆえの高揚感かつい「スイッチ」が入ってしまい、いつものように超早口になってしまった。これについては英検1級の二次試験と同じ過ち

一応「全く予想していないトピックの質問が絶対に何カ所かある」という心づもりではいましたが、途中のセクションで「『花』について話をしましょう」となり、花に関する質問をいくつか受けたときには、「花より団子w」なkosu0621にとっては、語る内容など何一つなく正直面食らいました。ぶっちゃけ、「『AKB48』について話をしましょう」と聞かれるくらい、自分には「専門外」な領域です(←違うw)。ただ、これについては、試験官は手持ちの質問リストからあえて「この受験生ならこのトピックは苦手だろう」というものを意図的に選らんで、その上で受験生がどう回答するかをチェックしているのかなという印象もあったりします。こうした予想外のトピックに対しては、「何を言う~!早見優~!」くらいの機転が必要かと(←村上ショージかw)。

また、意外だったのは、試験官がアメリカ人だったこと。IELTSという「Made in the UK」の試験ゆえ、てっきりイギリス人(かオーストラリア人、ニュージーランド人)が試験官なものと思っていました。言うなれば、自分の知り合いにもいるのですが、日本人とアメリカ人のハーフで見た目はいかにも「英語ペラペラ」な外見にも関わらず、実は日本語しか喋れないくらい意外な感じでした(←違うw)。

【全体のまとめ】
という訳で、昨日今日の2日間かけてのIELTS初受験でした。全体としては、初受験のIELTSの中でも最初のセクションであったリスニングは緊張ゆえか「しくった」感が強いですが、残りは良くも悪くも「ソーテーの範囲内」な感じで、全体としては「まあ初回だし、こんなものかな」というところです。多少のバラツキは出るものの、全体的には比較的実力が素直に反映されやすい試験かなという印象です。

なお、今回の目標であるシンガポールの大学院出願に求められる「Overall6.5」は、ライティングとスピーキングの点数の頃合いが不明ながらも、「まあ何とかクリアしているのでは」という実感ではいます。もし6.5に届いていなかったら、今日の会場がJAC Recruitmentという転職支援サービスの会社ということもあり、以下のように「オー人事 オー人事」に電話しようかと(←アホw)。



一応次の週末も「IELTS第2戦」がありますが、IELTSの印象として直前に対策をしても急には伸びない代わりに急激に落ちることもなさそうなので、今週からはエッセイを含めた出願書類に比重を移したいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

お疲れ様です。

kosu0621さん

先日は試験会場とその後のランチお疲れ様でした。
お互い無事(僕の場合はひん死ですが・・・)に終わったようでなによりです。

来週は名古屋と違う会場になりますが、お互い頑張りましょう!
まだ確定ではないですが、日本の英語学校の学費が高いので、ちょっと早めにシンガポールに行って現地でインタビューのトレーニングをやろうと思っています。
※今日チケットの予約をして1週間以内に支払いをすればスケジュール確定となります。(滞在は1か月の予定)

お互いもうちょっとですが、頑張りましょう!!!

fhidecyanさん

fhidecyanさん、こんばんわ

昨日は昼食ご馳走頂き有難うございます。また、試験お疲れさまでした。ブログを拝見しましたが、ご本人の感触としては今一歩なのかもしれませんが、自分の中で厳し目の評価を下せる時ほど意外に点数が出てたりするものではないでしょうか?

私も来週受験しますが、お互いIELTS最終戦として頑張りましょう。

また、インタビューのトレーニングとして早めにシンガポールに行くという選択はなるほど事情が許せば合理的なものと思います。やはり日本にいて仕事等で日常的に英語を使わない限りは錆び付きますからね。

今回のIELTSはまだ結果が出ていませんですが、一応今日で「テスト」関係は一区切りで、明日以降はエッセイ等の出願書類に一気に軸足を移したいと思います。

はじめまして

kosu0621様

はじめまして。今年の6月より、就業しながらシンガポールのEMBAプログラムに通うことになっている者ですが、最近になってこちらのブログを知り、いつも楽しく拝見させていただいております。

MBA、シンガポール、ex-日本の会計士(私は監査のできないニセモノex-会計士ですが(笑))と共通項が多そうですので、勝手に親近感を持って応援させて頂いております。

今後エッセイへもシフトされるようですが、是非そちらの方も引き続き頑張ってください。



クマネズミ様

クマネズミ様、はじめまして

弊ブログにお越し頂き有り難うございます。「MBA&シンガポール」だけでも珍しいのに、さらに「会計士」という共通項まであるとは、ビックリです。既に6月からシンガポールのEMBAに進まれるということで、まだMBA出願プロセス真っ只中の自分からしたら羨ましい限りです。

ところで、シンガポールのEMBAということでしたら、この記事においてクマネズミさんより前にコメントをくれたfhidecyanさんが正にシンガポールのEMBAを目指している方ですので、必要でしたら連絡を取ってはいかがでしょうか?

いずれにしましても、引き続きよろしくお願いします。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。