スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジュメ・カウンセリング

さて多くの企業ではお正月休みに入っているかと思いますが、年の瀬が迫った昨夜にAGOSのネイティブ・カウンセラーによるレジュメ・カウンセリングに行ってきました(←嫌がらせ?)。

kosu0621にとっては英文のレジュメを作成するのは初めての経験になり、「レジュメ?ああ~、アニメーション付きの携帯メールのことでしょ」というレベルでしたので(←それはデコメw)、やはりここはその道のプロのネイティブのカウンセリングを経ることは、重要かと思うところです。

101230

ひとまず、市販の「英文履歴書の書き方」本やAGOSがレジュメ・クラスで用いている教材を参考にファースト・ドラフトを作成し、それを元にカウンセリングに臨みました。ちなみにAGOSでは、本来ならレジュメ・クラス(レクチャー)に参加してからカウンセリングという流れなのですが、kosu0621の場合いかんせん来年度のMBA出願を今年10月からスタートするというチャレンジャーっぷりなので、とっくの昔にレジュメ・クラスは終了しており、教材だけ頂いて「自習」という格好になりました(涙)。

一応「それっぽく♡」作成したつもりでしたが、そこはネイティブのプロのチェックが入ると、kosu0621が思っていた以上に指摘(=ダメだしw)が入る訳です。

どの職業でも多かれ少なかれあると思うのですが、自分の属する業界「以外」の人が読んでも一目で理解できるレジュメを作成するって非常に難しいですね。レジュメの性質上、コンパクトさが第一なのですが、それが過ぎると抽象的になり、業界関係者以外には「はて?」ということになり、そのバランスが難しいところです。

今回のセッションでは、とくにかく読み手がイメージしやすいように、数字を含めて具体的な成果や行動を織り込むべく手直しが入っています。また、レジュメ・カウンセリングですが、これってIntervew対策にもなるなと思っています。Intervewでは、レジュメをもとに行われるのが基本でしょうから、今回カウンセラーから「これについて詳しく説明してくれない?」という部分は、Interview本番でも聞かれる可能性がある訳ですし。

AGOSでは通常レジュメ・カウンセリングは2回行い、それを経てレジュメを完成させるので、年明け早々にもう一度カウンセリングを受けてレジュメはFixさせたいと思います。そして、それが終わればいよいよ出願書類の「メインディッシュ」たるエッセイに突入していきます。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。