スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンパスビジット・ツアー5日目~NUS

キャンパスビジット・ツアー5日目。今日は、3校訪問するうちの2校目である、National University of Singapore (NUS)。いわゆる日本での東大に当たるような、「シンガポールの最高学府」です。

http://bschool.nus.edu.sg/thenusMBA.aspx
(↑「とある事情」で撮った写真を載せることができなくなったので、代わりに学校のサイト)

案内してくれたのは、Wei LingというAdimission担当のマネージャーの方で、「ちゃきちゃき」の(?)女性シンガポーリアンです。

とりあえず自分の印象はこんな感じ。
  • MBAをはじめとするビジネススクールの校舎は、ちょうど1年前の2009年12月に今の新校舎に移転したそうで、設備はSMU同様に新しさを感じます
  • MBAプログラムの中で「これ」という強烈な個性はないけど、その分Electiveの科目の選択肢の多様性を含め「何でも対応可能」という懐の広さがある感じ
  • 全体的に「シンガポールにおけるフラグシップ・スクール」という誇りや自信が、学校関係者からも感じ取れます(→特にCareer Serviceについては、「まかセロリ♡」という感じでアピールしていました)

ただ、現在は冬休み中につき、現役学生を「人っ子一人」見かけることがなく、学生や授業の雰囲気をこの目で確かめることができなかったのは、非常に残念。もちろん学校関係者へのコンタクトや施設の見学もキャンパス・ビジットの大事な目的にはなるのですが、やはり実際に学生がどんな感じかを観察し、さらに授業の雰囲気なんかを事前に見ておくと、直観的に「この学校は合うかどうか」というのを感じ取ることが出来ると思うんですよね。

あと、郊外に位置するだけあって大学全体が「だだっ広い」ですね。キャンパス内の移動には、バスを使うとのこと。と言いつつ、MBAの学生の場合、基本はビジネススクールのある校舎のみで授業が行われ、さらに専用の図書館も併設されているので、Undergraduateの校舎や図書館まで出向く機会はあまりないそうですが。いや、ちょっとだけ二十歳くらいの女子学生との交流を期待したのですがね(←アホw)。

さて明日は、「オーラス」のビジット先として、「さらに郊外」に位置して、「さらに巨大キャンパス」っぽい、NTUへのビジットになります。東京23区程度の狭いシンガポールですが、NTUはシンガポールの端に位置するため、明日はちょっとした"excursion"に行く気分ですw。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。