スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMAT初受験してきた

という訳で、「10日でオフィシャルガイド800問1回転」という「突貫工事」(と言う名の「無茶w」)を経て、「はてさて、これだけで何点取れるの?」ということを確かめるべく、GMAT初受験してきました。

GMATの場合、エッセイも含めた最終結果は約3週間先ですが、エッセイ抜きのスコアはその場で確認できるということで、それがこちら(→クリックすると「ちょびっと」拡大)。

101208

一応ブログでは「シンガポールの大学院で要求される最低ラインの600点が目標」ということを掲げてきましたし、アゴスのカウンセラーからも「最終的に出願段階で650点到達すればOKです」と言われてきたので、そういう意味では初回(+独学)にしては十分「御の字」なんでしょう。

ただ、Verbalは30点以上を目標にしていて、加えてせっかくQuantitative(Math)が50点だっただけに、ちょっともったいない気もしますね。ぶっちゃけ、前日のPREPでは690点なんて点数も出ていたので、ちょっと「色気づいた」感じで本番も期待しちゃいましたがw。

まあでも、今回はGMAT用のエッセイ対策は「1%」しか終わっていない中での受験で、どのみち1月、2月と引き続き受けていくことになるので、今回の点数が出願時の申告点数となる可能性は限りなく低く、あくまで「本番環境の経験値を積む」ことが目的でしたので、そういう点では十分に所期の目的は十分に達成できたのかなと。

また、MBA受験においてはやることが色々ある中で、何はともわれ「最終スコアはどこまでいくかわからないけど、ひとまずGMATについては最低限の目処はつくかな」という安心感が得られるのは大きいですね。むしろ今後は、年明けのIELTSで「石にかじりついてでも」6.5以上を取ったり、各校のエッセイに対してきっちり仕上げることに時間を投下すべきかなと。

それと、明日出発の「シンガポール大学院キャンパスビジット・ツアー」(→「ツアー」と言いつつ、お一人様ですが何か?)においても、ひとまず「GMAT650点」というのは、学校関係者に説明する上でも「まあまあイケてるね」と思ってくれるギリの点数だと思うので、「英語の試験の点数もねえ、GMATの点数もねえ、車もそれ程走ってねえ」(←最後は吉幾三の歌w)という状況でのビジットが避けられることは良かったと一安心です。なお、英語については、「話せばわかってくれるよね♡」という甘ったれた考えでいますがw。

という訳で、「GMAT初受験終了。最低限の結果は出せたかな」という記事でした。そんなことより(?)、さあ、いよいよ明日はキャンパスビジットに向けてシンガポールへ出発でして、約一年ぶりのシンガポールで超楽しみです。既に今日のGMATの本試験でも最後のVebalのパートの最中から「とりあえず明日の夜ホテルに着いたら何食べようかな?」ということに意識がいっていましたがw(←オイ)。

【編集後記】
これまでは、記事の更新が原則「毎日22時」にアップしていましたが、明日以降はその時の状況に応じて変わってくることを予めご了承下さい。

                                 
↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

すごい・・・

いきなり突破とはスゴイ!

IELTSもクリアされそうですし、あとはエッセイですね!
それも今回のビジットでネタが増えそうでいいなぁって思います。

私も負けずにGMAT突破したいと思います。

junさん

junさん、こんばんわ

有り難うございます。まあでも、IELTSが6.5到達しないことには、GMATの点数も関係ない気がしますが(→と言いつつ、シンガポールの大学院の場合、TOEFL100又はIELTS6.5未達でも合格している人は、それなりにいそうな気がするんですがね)。

ビジットについてはネタにストックにも有効というのはアゴスのカウンセラーも言っていました。特にjunさんも出願を検討されているNTUについては、ご存じの通りエッセイのネタでも関係してきますしね。ではでは

すごい!

kosu0621さん

こんばんは。
初回で650点は2回目か3回目で700以上行く方のパターンですね。
(いやいやすばらしい!!!賞賛の嵐)

シンガポールではお互い楽しみましょう!

fhidecyanさん

fhidecyanさん、こんばんわ

「賞賛」有り難うございます(→それとfhidecyanさんのブログでの紹介も感謝です)。

ただ、実際のところ点数の半分以上はMathに負うところが大きいのですが。他方で、Verbalは、この先独学で進めても、投下した時間に対して比例して点数が上がるか怪しい気もしなくないところです。

いづれにせよ、シンガポールではよろしくお願いします。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。