スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「MBA Fair Tokyo」に行ってきた

昨夜は、kosu0621の志望するシンガポールのビジネス・スクールも2校参加するということで、「MBA Fair Tokyo」に行ってきました。

今回の説明会には世界中から延べ60校以上のビジネス・スクールが一堂に会するということで、参加者も多く(→結構日本人以外の参加者もいました)、こうした説明会の出席も初めてということもあり、終始圧倒されっぱなしでした。

まあ、いくら会場全体が盛況だろうが、あるいは60校以上のビジネス・スクールがブースを出していようが、自分の場合お目当ての学校は2校なので、実質滞在時間は大したことありませんでしたがw。

101103 
(↑上記写真は本記事の内容と関係ありませんw)

当日は、①NANYANG Technology University(NTU)、②National University of Singapore(NUS)の順番で回りました。ただ、各ブースにどんどん志望者が話を聞きに来るので、「腰を落ち着けてじっくり相談」という訳にはいかず、「ちょこっとお話する」という感じにならざるを得ませんでした。

とりあえず、自分の場合年齢的に「サッカーのオリンピック代表でいうオーバーエイジ枠になるんじゃねえ!?」という点について心配だったので確認したら、両校とも「それは関係ないアルヨ」と言ってましたし、NTUに至っては今進行中のクラスでは51歳の生徒もいると言っていたので、その点は安心しました。あと、一足先に職場を辞めている点も「モーマンタイ(無問題)」と言ってくれましたし、Resumeを渡したらNTUの担当者からは「おお~、××出身のCPAなのね」と言ってくれました。一応名の通った事務所で良かったです。

ただ、TOEFLとGMATはこれからと言ったら、「とりあえず頑張ってね」と言ってました。やはり、この段階で点数がないというのは肩身が狭いです(涙)。

あと、「本気」度合いを示す証の一つとして、「出願前にキャンパス・ビジットをしたい」と申し出たら、「Can、Can」とシングリッシュで答えてくれましたw。両校の担当者ともメールくれたらセッティングして案内するよと目を輝かせがら言ってましたので、やはり本気度を示す有効な手段の一つかもしれませんね。もっとも、これで益々TOEFLやGMATが苦しくなりますがw。と言いつつ、今回参加していないSingapore Management University(SMU)も含めて「NUS→NTU→SMU→USS」と回ってこようと画策し始めているところです(←最後は違うw。でも、カジノ同様まだ行ったことないので行ってみたい気がします♡)。

という訳で、「MBA Fair Tokyo」に行った件でした。こうしたイベントに初参加ということもあり、今にして思えば、周りの雰囲気に圧倒されて、かなり畳み掛けるように喋ってしまいましたが、次回以降はもう少し落ち着いて話したいと思います。この翌日には、NUSの単独の説明会がありますので、その点はアジャストしたいと思います。

【編集後記】
NTUのブースの横には、香港のMBAスクールである「HKUST Business School」がブースを出していましたが、そこの担当者(→alumni?)は美人でしたw。シンガポールと香港は「アジア経済の中心地」ということでよく比較され、また互いにライバル意識があるようですが、「美人に遭遇する割合」は香港に軍配が上がるような気がしますw。チラッと「香港もいいなあ」という思いが頭を巡りました(←動機が不純w)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

課外活動をされてきたのですね。
着実に一歩ずつ進んでいる感じがしますね。

最初、写真だけ見て「どこに行かれはったんやろか?」と一瞬びっくりしましたw

日本の公認会計士だけでなく、CPAも取られていたのですね!
香港の美女・・・興味ありですね。

よこちゃんさん

よこちゃんさん、こんばんわ

はい、課外活動に行ってきました。ただ、なにぶんこうしたイベントへ初めての参加でしたので、緊張してしまいうまく喋ることはできませんでしたが。

>日本の公認会計士だけでなく、CPAも取られていたのですね!
すいません、わかりづらい表現で。持っている資格は、あくまで日本の会計士(CPA)です。USCPA等を持っている訳ではありません。

香港とシンガポールを比べた場合、女性のファッションセンスや美人に遭遇する確率は、明らかに香港に軍配が上がる気がします(→kosu0621調べ)。ではでは

ありがとうございます。

kosu0621さん

コメントの返事ありがとうございます。お互い年内の英語の点数の突破頑張りましょう!!!
美人がってことは男性の方なんですよね???
勝手に女性だと思っていました。(すみません)

12月に香港に行くのですが、僕もKellogg-HKUSTのEMBAプログラムもいいかなあとか思っています。美人が多いならなおさら香港に行く機会増やしたいですね・・・

シンガポールのキャンパスビジットにはいつ来られるのですか?
もし予定が会うようでしたら、クラスメイト(MBA目指している)と3人でお茶orお食事)でもしませんか?

予定が決まった段階にでもご連絡いただければ幸いです。

fhidecyanさん

fhidecyanさん、こんばんわ

コメント有り難うございます。はい、kosu0621は女性ではなく、男子です(笑)。

Kellogg-HKUSTのEMBAプログラムについては、確かFTのEMBAランニングでは連続で1位だったと記憶していますので、きっと素晴らしいんでしょうね。Kelloggは欧米のトップ校の中でも学生の満足度が抜群に高いと聞いたことがあります。

シンガポールへのキャンパス・ビジットですが、個人的には12月初旬~中旬にと考えていたのですが、まだ流動的です。と言いますのも、どうせシンガポールに行くのであれば、NUS・NTU・SMU全てを見て回りたいと考えているのですが、NUSは11月中に今のSemesterが終了し、次のSemesterが1月のため、12月の場合学校関係者にお会いし、施設等の案内は可能でも授業の見学とか在校生の紹介が厳しい可能性があるためです。ただ、12月には単発的な授業もあるそうで、NUSのAdmission担当者にスケジュール等を調べてもらい、改めて訪問日を決めることとしています。

いずれにしましても、現在はまだ保留中ですので、スケジュールが決まりましたらご連絡差し上げます。その上で、もし都合がつくようでしたら、是非お茶or食事を致しましょう。よろしくお願いします。

がんばれ~

KOSUさんはブログ上の私の英検対策の師匠(と勝手に思ってます)でした。KOSUさんならいけますよ!留学されるんですね。いいなぁ。NUS、良い学校みたいですね。SIN出身の知人が、子供を将来NUSに入れられたらいいなぁ、なんてぼやいていたのを聞いたことがあります。東大みたいな存在なんでしょうか。まとまりがないですが、応援してます。

のぶっちさん

のぶっちさん、こんにちわ

コメント有り難うございます。「英検対策の師匠」というのは有り難い言葉ですが、TOEFLの苦戦ぶりを考えたら恥ずかしい限りです。

NUSは日本で言えば東大のような位置づけになると思いますし、説明会の印象もいいです。ただ、ランキングなどでは最近はNTUの方が上のようですし、ローカルの友人に言わせると、歴史は浅いですがSMUの評判がいいと言っていますので、色々検討しているところです。ではでは

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。