スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院中に使うようになった辞書アプリ

英語学習に欠かせないアイテムとして、辞書がありますが、多くの方が紙の辞書電子辞書PCにインストールした辞書、あるいはネットの辞書のいづれかを用いているのではないでしょうか。

kosu0621も同様で、基本はネットで、英会話学校等の出先では電子辞書というパターンですが、入院中iPhoneアプリの辞書を用いるようになってから、「電子辞書の代替になるのでは?」ということで、それ以来ほとんど電子辞書の出番はなくなりました。以下、使っているもののご紹介。

1.ロングマンの英英辞典と英和辞典

http://itunes.apple.com/jp/app/id316133247?mt=8

http://itunes.apple.com/jp/app/id289569759?mt=8

kosu0621は英英辞典については「ロングマン」派なんですが、大抵の電子辞書には、オックスフォードが入っていることが多いと思います。やっぱり統一したいと思い、ロングマンの英英辞典と英和辞典のアプリを入れてみたら、使い勝手がいいと思いました。特に、電子辞書と同じように、英英辞典及び英和辞典間で互いにジャンプもできるので、便利です。また、英和辞典の方には、逆引きで和英の機能もあるので、この二つのアプリで大抵の検索はカバーできる感じです。さらに、それぞれブックマーク機能があり、加えてフォルダー分けもできるので、単語帳代わりにもなりうると思います。

2.アルクの英辞郎

http://itunes.apple.com/jp/app/id365874160?mt=8

上記を補完する意味で、アルクの英辞郎のアプリを補助的に使っています。無料なのがうれしいところ。こちらも単語帳機能がありますが、フォルダ分けはできません。その代り、例文単位で、単語帳登録できるので、熟語や連語などはこっちの方がいいかもしれません。


【まとめ】
今のところ、電子辞書で出来たことは、概ねこれらのiPhoneアプリでもできるので、最近は電子辞書を持ち歩かなくなりました。特にiPhone4になって、マルチタスクに対応するようになって、他のアプリを使用しながら使えたりロングマンと英辞郎間で切り替えを行ったりということもスムーズに行え、使い勝手のよいものとなっています(→逆に言えば、iPadではまだマルチタスクに対応していないので、現時点では使いづらいという印象です)。

電子辞書については、百科事典や国語辞典等英語以外の辞書もたくさんあったりして、英語がメインで使うには余分な辞書が多いなと感じることが多々あり、また英語重視のモデルを買っても、例えば英和辞典だけで何種類も入ってたり、あるいはシソーラス、コロケーション、英会話の各辞典など「そんなに使いこなせないのに(涙)」という感じで持て余し気味でした。ぶっちゃけ、通常辞書を引く場面の9割くらいは、英英辞典、英和辞典、和英辞典が1種類ずつあれば足りるのかなと思うところ。

唯一の(?)欠点は、電子辞書の場合職場で使用しても、周りは「英語を調べている」と理解してくれますが、iPhoneアプリの場合「こいつ、サボってんじゃねぇ!?」と思われてしまうところかもしれませんw。

お気に入ったら、お試しを!

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。