スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pass単暗記大作戦!その4 ~ 周辺情報の利用(英英辞典の利用)

昨日の記事で宣言した通り、今日はPass単暗記における「思い出すための鍵」の構築で、kosu0621が取り組んでいるこをたくさんご紹介したいと思います。

前回の記事に引き続く形で、周辺情報の「引き出し」の種類について記事にしたいと思います。ますは、英英辞典での語義についてです。

英英辞典の使用については賛否が分かれるかと思いますが、「周辺情報を多く織り込んで記憶していく」という観点で考えた場合、有力な「引き出し」の一つになると思うんです。特に、日本語の意味ではすんなり頭に入らない単語も、英英辞典の説明でイメージしやすくなるということは多々あると思われます。

英英辞典についてはいくつかメジャーなものがあり、それぞれに特徴がありますが、「周辺情報の豊富さ」においては、kosu0621としては「ロングマン現代英英辞典」(Longman Dictionary of Contemporary English 以下、LDOCE)がダントツだと思います。

I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

LDOCEについては、「定義で用いる語彙が2,000語と他の辞書に比べて少ないので、語義が分かりづらい場合がある」というネガティブな意見もあり、実際私もそう感じる場面が確かにありますが、それを補って余りあるメリットがあります。それは、

付属DVDに収録の周辺情報(語源、用例・コロケーション、同義語・反意語、派生語)の情報量が他の辞書を圧倒している

ということです。とにかくスゴイです。語義重視であれば、ひょっとしたら、例えばOxfordCollinsの方がいいかもしれませんが、「色んな周辺情報を目にしてインプットしていく」というタイプには、最適な辞書とkosu0621は思うんです。

さらに今の第5版では、購入者は付属のDVDと同じ内容のデータをウェブ上でもアクセス可能な仕組みとなっており、クラウド化を実現しています。これは、私含め複数のPCを使うユーザーには大変うれしいサービスです
(⇒ただし、現状では「1年間の無料アクセス」という説明。この先は、有料化されるのかな???)

という訳で、「英語の語義+豊富な周辺情報」から攻める英英辞典として、LDOCEはおススメです。

ロングマン現代英英辞典 [5訂版] DVD-ROM付

桐原書店
売り上げランキング: 1876

次は、周辺情報の別の引き出しとして、「イメージによる分類」です。ではでは。

Thank you for reading through my blog entry!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。