スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「継続」のためのアイテム

昨日の記事でダイエットの月例報告をした訳ですが、ついでに「『継続』のためのアイテム」をご紹介。本来「英語学習」のブログにも関わらず二日連続で「ダイエットネタw」ですが、「エイプリルフール翌日のTGIF」ということでお許しをw。

で、」昨日の記事でも記載の通り、kosu0621は「毎晩体重を測定し、記録する」ことを習慣づけていますが、少しでも「継続」を容易にするために用いているアイテムがこちら。

  • 発売日 : 2008/03/01
  • 出版社/メーカー : タニタ
  • おすすめ度 : (27 reviews)

正直言えば、これより値段の張る最先端の体組成計に比べてら、測定項目の豊富さ携帯との連動の有無などの機能面では劣るかもしれません。ただ、現在市場に出ているモデルで唯一この商品だけが持っている機能があります。それが、

「体組成計に乗るだけで電源が入り、測定してくれる」

という点。

思うに、「継続を容易にする仕組み」の重要な要素の一つとして、「一歩目の行動のハードルを下げる」ことがありますが、通常のモデルであれば「電源ボタンを押して、電源をオンにして、それから体組成計に乗る(+さらに、モデルによっては体脂肪測定のために、測定器具を手に持って引っぱり上げるという作業も)」という一連の行動が必要なのに対して、この体組成計は「乗る」という行動(もっと言えば「動作」)だけで体重等を測定してくれるので、これは非常にラクです。

確かに厳密な体脂肪測定という点では、「手に持つ」タイプの商品の方がより正確なデータが測定できるかもしれなせんが、あくまで「日々の推移を記録する」ことが第一目的にくる場合には、自分にはあまりそこまでこだわる必要性はないのかと。要は、使う人にとって「何を一番重視するか?」がポイントで、kosu0621の場合「継続第一」をポイントに置いた結果、このモデルに行き着いた次第です。

実際この商品については、普段髪を切ってもらっている美容院に置いてあった「何トカ」という家電批評を行う雑誌(→スイマセン、雑誌名は覚えていませんw)にも、体組成計のジャンルでは「ベストバイ」に選ばれていました。

と言うわけで、これまで「日々の体重をチェックしよう!」と思い立っては「三日坊主w」を繰り返した方には、おススメかもしれません。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。