スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『体感! 思考力の鍛え方-仕事に負けない〈勝負脳〉』を英語学習に活かす~前編「脳科学に基づく『記憶のコツ』」

たまに書いている「ビジネス書を英語学習に活かす」という切り口での記事。今日はこちら『体感! 思考力の鍛え方-仕事に負けない〈勝負脳〉』(林成之著)

体感! 思考力の鍛え方 ―仕事に負けない〈勝負脳〉―体感! 思考力の鍛え方 ―仕事に負けない〈勝負脳〉―

JIPMソリューション 2010-01-23
売り上げランキング : 17288

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

著者の林成之氏脳科学がご専門の医学博士で、北京オリンピック水泳日本代表チームのアドバイザーを務めた方。ということで北島康介選手「何も言えねえ~」の金メダルの陰には林氏の脳科学に基づくアドバイスも少なからず貢献したことは知る人ぞ知る話で、kosu0621も本書を読んで「こうした脳の仕組みを知っているか否かで、努力に対するパフォーマンスが全然違うじゃん」と強く思った次第です。

冗談抜きで、特に英検1級などの資格試験を目指す方は、「何も言わねえ~w」で買うべき本だと思います。kosu0621も「アレヨアレヨ」と受かってしまった英検1級を振り返った場合、結果的に「脳科学的に理に適った方法」を採った部分と、「脳科学的に理に適っていない方法」を採っていた部分があり、、今にして思えば「違うやり方があったのに」と軽~い後悔の念を感じています。

なお、この本の紹介は2回に分けて記事にする予定で、今日はkosu0621が「脳科学的に理に適っていない方法w」を採ってしまった「脳科学に基づく『記憶のコツ』」です。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

思うに英検1級一次試験においては、多くの方が「語彙問題の攻略」ポイント(と言うよりネック)になるのではないでしょうか?kosu0621もご多分に漏れず、初めて過去問に目を通した時には「選択肢4つ全ての単語の意味がわからんorz」の問題が半分くらいの状態からスタートしましたので、英検1級対策の7~8割はPass単暗記に費やした感があります。

そんなPass単暗記ですが、本番こそ運よく(→マグレ?)点が取れましたが、試験勉強中は「三歩歩いた瞬間に単語忘れるって、俺はニワトリか?」と悩んでいたものです。

ところが本書を読んで、脳科学的に見て「真逆な姿勢w」を採っていたものですから、「そりゃあ覚えられんわな~」と妙に納得です。と言う訳で、「脳科学に基づく『記憶のコツ』」のご紹介です。

1.総論:脳科学に基づく覚え方のコツ
途中の細かい説明は省略して、結論だけ示すと、「複数の情報を重ね合わせる」ことが、脳科学的に見て「理に適った方法」だそうです。これに沿えば、単語の暗記も「英⇒日」で機械的に覚えるよりは、色んな要素を織り込んだ方が良さげです。

これに関しては、実はkosu0621もそれに沿ったアプローチを採用しており、「語源」「コロケーション」「語呂合わせ」など複数のリソース「どれかが記憶に引っ掛かればいい」という覚え方でしたので、結果論ですがこの点は良かったかと。

ところが、「ダメダメw」だったのが、次の「記憶に対する姿勢」

2.各論:脳科学に基づく記憶に対する姿勢
やはり小難しい話は省略しますが、記録力高めるドーパミン神経群を活発にするコツとして、以下の5つがポイントになるそうです。
  • 興味を持つ
  • 好きになる
  • 感動する
  • 意欲がわく
  • 危機感
上記のうち最初の4つについては、「興味ナス」「好きになんかナレズ」「感動なんぞセズ」「いわんや意欲なんかワカズ」という状態で、Pass単暗記を完全に「雑用仕事w」のノリで取り組んでいたところです。最後の「危機感」だけは「試験前日にPass単を最終チェックしたら、1,000語近く覚えてない(涙)」という現実に「イマサラながらのラストスパート」で辛うじて本番を乗り切った次第です(→結果オーライ?)。

なので、次回以降英検1級受験する方は、苦労しないためにもこの「5つのコツ」、特に「興味を持って」「好きになって」「感動して」「意欲を持って」の部分を常に考慮されてはと(→最悪「そう思い込む又はそういうふりをする」という手もアリかと)。

【まとめ】
と言う訳で、「ビジネス書を英語学習に活かす」というテーマで、『体感! 思考力の鍛え方-仕事に負けない〈勝負脳〉』(林成之著)でした。脳科学に対する捉え方は人それぞれかと思いますが、ちょっとした知識の有無でその後のパフォーマンスに影響を及ぼすなら、知っておいて損はないかと。kosu0621も自身が真逆をいっていた上記の「記憶に対する姿勢」の部分は、本書を読んで「Oh, No(脳)!」と激しく後悔しましたものw。

明日は、後編で、今度はkosu0621が結果的に「脳科学的に理に適った方法」を採っていた「脳科学に基づく『目標達成の仕方のコツ』」です。

↓ あざ~す
Thank you for reading through my blog entry!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ


コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。