スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級合格発表の日に思う確率論から導き出される継続することの重要性

本日は英検1級一次試験のネットでの合格発表でしたね。

まずは無事合格された方、オメデトウございます。引き続き、二次の方も頑張って頂ければと思います。

他方、今回残念な結果に終わった方、多少の期間ゆっくりされるのはアリと思いますが、次回以降も受験される意志がある方についてはなるべく早いうちに再スタートを切る方がいいと思われます。

さて、そんな悲喜こもごもの英検1級ですが、究極的な合格のコツは、「受かるまで受け続ける」ということに行き着くと思っています。普段はやれ「ハックス」だ「効率だ」と口にすることの多いkosu0621なので、試験に対する基本的な考えは「予め期限を区切ってその中で一生懸命努力し、それで結果が出なかったらキッパリ諦める」というものですが、どうしても英検1級を取得したいという気持ちが強い方は、「受かるまで受け続ける」という戦略もアリと思います。

100205

ただ、精神論でいくら声高に叫んでも具体性に欠けるところなので、ここは一応(?)会計士らしく、数字を用いて確率論の観点で、「果たして英検1級は受け続ければ、どれだけの確率で合格の可能性に近づけるか?」を示したいと思います。

英検1級確率
上記の表は「一次は年3回で3年間」、「二次は一次通過後筆記免除で受験可能な4回」を基準にしたものですが、いかがでしょうか?日本の英語資格の最高峰の一つである英検1級ですが、諦めずに受け続けていれば、意外に手に届く範囲にあると実感できる数字ではないでしょうか?

もちろんこれはあくまで確率論上の数字に過ぎないことは確かです。ただし、2~3回受けて諦めてしまう方が非常に多いのも英検1級だと思うので、「諦めずに受け続ける限りはどんどん見込みが高まる」ということは言えそうな気がします。実際のところは、その間に英語力そのものも付けていくでしょうし、何より「試験慣れ」するはずなので、受験し続ける限りは個人的には上記の期待値を上回る結果を望めるのではと思っています。

と言う訳で、今回残念な結果に終わった方で、次回以降も受験する気のある方は継続してチャレンジし続けて頂ければと思います。今日はオフザケが一切ありませんでしたが、たまにはそんな日も。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

なるほど!

昨日はコメントをお寄せいただきありがとうございます。とても有益なアドバイスなので、ぜひ参考にさせていただきますね♪

9回以内で受かる確率が74%だとういう確率に驚きました!私もそう悲観的にならなくてもいいということでしょうか?でも、私はこの74%の枠に入ってしまいそうな気がしますが(^^;)。

今回の不合格になって、今後の受験を諦めようと思われていた方の中には、このkosu0621さんの記事で、またトライしてみようと励まされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

・・・ということで、ありがとうございますのポチッ(*^_^*)。

Re:なるほど!

三毛猫みい子さん、おはようございます

そうですね。何はともわれ受験することは大事だと思います。それと一つ大事なことを書き忘れたのですが、英検の場合考慮に入れるファクターとして「合格者はどんどん抜けていく」という点です。

もちろん毎回新規受験者もいますが、合格者数と同じだけの「サクッと受かる」実力ある新規受験生はそうはいるはずはないので、受験回数を重ねれば必然的に相対的順位は上がっていくはずなんです。なので、確率論以上の見込みで受かっていくと個人的には思っています。

これは自分が過去に受験した会計士試験を振り返っても、自分の周りで挫折しなかった人は受験回数の差こそあれ全員受かったので、「受け続ける」という戦略もアリかと思います。

さすがです

はじめてコメントしたかもしれません。ジャスミンリューさんちや土佐犬さんところでよくコメントする者です。時々はこのブログのぞかせていただいてますが、「頭の切れ味」抜群とお見受けいたしました。確率論の話は、一般の人々には非常に説得力あるとおもいました。「受け続ける」ことであきらめなかった私は5回目で一次通過しました。この5回を通しておもったことは「試験は水物」という。。何も準備せず、受けた1回目が1点差、二回目以降は対策練ったにもかかわらず不合格Aを泳いでおりました。次ぎうけても受かると思えません。実力がそこまで安定してついているとは思えない。。ってことですが二次対策今からやります。。全部ブログを見る時間なく、対策アドバイスとしてkosuo0621さんのどこのブログ見たらよろしいかしら?ではまた!!!!!!

99.97813%

お久しぶりです。準1級のときは、面接になかなか受からないで、あきらめかけていました。合格率が70%を越えるなんて信じられませんでした。(タイトルの数字は、これぐらいのごく確率の合格率なのに落ち続けたということです。)
1次試験も4回受けました(そのうち3回は1級とのダブル受験)。このときあきらめていたら、1級の合格はなかったと思います。(面接を13回ぐらい受けることも覚悟していました:99.9329%)
1次は比較的強かったので、この点では励ましにならないかもしれませんが、あきらめなければ道が開けるということで励ましになればいいと思います。

Re:さすがです

大阪の主婦さん、はじめまして(→土佐犬さんやジャスミン・リューさんのブログのコメント欄でお名前は拝見していました)

まずは今回の英検1級一次試験おめでとうございます。どうせなら二次はこのままスパッと受かっちゃって下さいませ。

なお、kosu0621のことを『「頭の切れ味」抜群』と評してくれていますが、それは大いなる勘違いで、単なる傾奇者です(笑)。自分の方法論は万人受けするとは思わず、10人いれば7~8人は考えを異にすると思いますが、残りの2~3人に響けばいいと思っています。

それでも尚、kosu0621の対策を参考になさるのであるのでしたら、それは嬉しい限りです。ブログのカテゴリーとして、「英検1級二次」を設けていますが、試験前の記事なんかも含まれていますので、純粋に対策記事に絞るのでしたら、発表日(11/24)の翌日かたら書いた、11/25~12/2(除く11/26)の記事がそれに当たります。あとは、試験当日(11/15)の記事が本番の様子をまとめています。

ただし、予め申し上げますと、二次に関しては一次以上に傾奇者っぷりを発揮しているので、参考になるかどうかは保証しかねます(笑)。

質問です。。

ブログ拝見いたしました。。ありがとうございます。凡人ではないわね。。が感想です。かなり初歩的な質問ですが、二次対策にまず、」マインドマッピングを。。と初めて30分ほどで、」「は!!二次試験は申し込みしなくていいのか?お金は払わないでいいのか?」ってことです。一次合格した時点で自動的に2次試験会場への案内、受験機会がついてくることでしょうか?協会のHPにアクセスしたけど、二次申し込みコーナーなかったな。まだ、本論にはいっておりません。今日は自己紹介ネタをかんがえておりました。。あと、交通手段とか。こりゃ今回間に合わんわな。

Re:99.97813%

まいった碧眼のポンコツさん、こんばんわ

こちらこそご無沙汰しています。ブログを拝見する限り、スキーを楽しんでいらっしゃるようですね。

コメントのタイトル見て「何の数字???」と思いましたが、さすがは数学科専攻ですね。ただ、まいった碧眼のポンコツさんの場合、1次が爆発的に取れるじゃありませんか(→94点なんて、kosu0621は99.97813%ムリです)?

ではでは

Re:質問です。。

大阪の主婦さん、こんばんわ

ご質問の件ですが、まず二次の受験申込ですが、特段の手続きは不要で来週の水曜くらいに受験票が来ると思います。また、検定料についても、一次で支払った7,500円に含まれていますので、別途支払いは不要です(笑)。

それより、大阪の主婦さんはマインドマッパーなんですね。kosu0621も一度トニーブザン公認インストラクターの研修を受けたことがあり、正式ルールはあまり守っていませんが、活用しています。では、試験対策頑張ってください。

1次試験の免除について

私も1次試験合格しました。1次試験は1年間免除されますが、1次試験を受けてもいいのでしょうか?1次試験がダメでも、1次免除を受けて2次試験も受けられたらいいなと思ったのですけど(土佐犬さんのブログによれば、国連英検は出来るようです)。

Re:1次試験の免除について

eikenmaniacさん、こんばんわ

この度は英検1級一次試験合格おめでとうございます。このまま引き続き二次試験も突破して頂ければと思います。

ところで、質問の件ですが、そうしたパターンが可能かどうかはよくわかりません。お役に立てずに申し訳ありません。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。