スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検1級一次試験:私の戦術各論その6 ~ リスニング:Passages

昨日の記事に引き続き、英検1級一次試験のセクションごとの分析を行っていきたいと思います。今日は、リスニング・パートでは最大の難所になるであろうPart2の「Passages」です。

I'd appreciate it, if you could click the button below!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

1.目標設定
配点10
目標点7
現時点の実力6

2.私の戦術
このセクションは200~250語の英文(モノローグ)が5題で、それぞれ2つの質問に回答する形式です。

前のセクション「Part1 Dialogs」と同様、問題用紙には選択肢のみが印刷されて、質問は英文(モノローグ)の後に読み上げられます。したがって、TOEICでは常套手段の「質問を先読みして、聞くべきポイントの予測を立てて備える」という戦略は取りづらいです259。また、このセクションでは、1つの英文に設問が2問であるので、英文(モノローグ)が終わって、質問が流れる頃には、記憶が飛んでいるということがしばしばです260。さらに、このセクションで取り上げられる英文の題材は、筆記のパートの読解問題と同様、学術的な内容が中心で、自分の場合サイエンス系は大の苦手です258

という訳で、英検1級のリスニングのセクションの中では最大の難所と言えると思います。現状、過去問を解いた感覚では、10問中6問正解となるケースが7割くらい、10問中7問正解となるケースが3割くらいです。他のセクションの自分の得点能力を考慮した場合、最終的には本番で7問の正解が欲しいと考えているところです。

ただ、正直なところ、このセクションに関してはこれといった有効な対策は浮かんでおらず、「はて、どうしようかなあ?」と思案しているところです。ちなみに、過去問である「2009年度版英検1級全問題集」によると、攻略ポイントとして

長い上に内容も多岐に渡るので、しっかりとメモを取りながら聞く練習が必要である

だそうです。

えっ、このセクションってメモを取りながら解くのが普通なの???

どう考えても、メモを取りながら解く余裕なんてないんですが。。。まあ、今週はPass単暗記の仕込みの作業優先なんで、10月に入ったら真剣に対策考えます229

Thank you for reading through my blog entry!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。