スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、今日から英会話学校のレッスン再開です

今日は久しぶりに英会話学校に行って来ました。

kosu0621が通っているのは、首都圏ではお馴染みの(?)「緑」がテーマカラーの某「マンツーマン」専門のスクールです。もうかれこれ4年近く継続して通っているのですが(途中、半年間仕事でアメリカに行った期間を除く)、普段指名しているインストラクターが昨年9月後半から産休に入ったのでその間はレッスンはお休みしていて、今日からそのインストラクターが復帰したのでレッスン再開です。

英会話学校についてはその効果について賛否両論がありますが、kosu0621にとっては以下の三つのメリットがあると思って継続して通っています。

1.アウトプットの貴重な場となる
kosu0621にとっては現在仕事で英語を「読む」機会はそこそこあるのですが、英語を「話す」機会はほとんどないのが現状です。他方、今振り返ってみても、3年前に仕事で半年間アメリカに行ってた頃というのは、「24時間英語のアウトプットの機会がある」という点で大変貴重だったと思います。そうした中、現状では「英語を話す機会がほとんどない」という制約の中でレッスン料と引き換えに「英語をアウトプットする場を確保できる」というのは、自分の中で十分に「経済的に合理的である」と判断して、継続して通っています。

2.英語学習を継続する「ペースメーカー」(=強制力)となる
TOEICや英検などの資格試験のいい面は、「試験日」が一つのゴールになってそこに向かって日々勉強を進めていけることだと思いますが、kosu0621のように「将来海外で生活したいから英語を勉強する」という場合には目標がある程度先になる分日々の学習継続が難しいところ。そんな中で、英会話学校のレッスンを予め自分のスケジュールに組み込むことにより、強制力が働きいいペースメーカーになってくれています。毎週レッスンを入れることにより、そのレッスンに向けて試してみるフレーズや単語などを準備していくので、いいスモールゴールとなってくれています。

3.言い間違いを正してくれる
個人的に最も英会話学校に通う意義があると思う点が、この「間違いを正してくれる」点。これは仕事等で英語圏に滞在しても、向こうの人はいちいちこちらも間違いを訂正なんかしてくれないので、有り難いところ。特に、「コロケーション」「前置詞」などは、参考書を読むより「感覚」ないしは「ニュアンス」を体に叩き込む方が早いと思うので、レッスン中に言い間違いを指摘してくれることにより、そうした感覚やニュアンスを掴むようにしているところです。

【まとめ】
という訳で、kosu0621の通っている英会話学校の記事でした。そう言えば、去年9月のブログ開設と入れ替わるようにして英会話学校を休学していたので、ブログでは初めて話題にしたのかと思われます。今後は、今通っている「緑」がテーマカラーの某スクールについて、たまに記事にするかもしれません。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。