スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I see you:「AVATAR(アバター)」を観るべき三つの理由

ず~~~~~~~~っと気になってた「AVATAR(アバター)」を昨晩レイトショーで観てきました。もちろん(?)、「3D」版です。
http://movies.foxjapan.com/avatar/

きっかけは、二日前のrincoさんの記事で7割方決心し、ちょうどその日の晩にTwitter上でも「良かった~」というつぶやきもが飛び交ってて最終決定しました。そして「善は急げ」と昨晩行動に移した次第です。

昨年のクリスマス当たりから公開されているので既にご覧になった方も少なくないと思いますが、まだ観ていない方、あるいは観ようかどうか迷っている方がいれば、以下の「三つの理由」により、是非「3D」版で鑑賞することをおススメします。

1.「本格的3D映画の始まり」として後世に語り継がれる可能性がある
もちろんアバターの前にも3D映画は存在しましたが、本作のVFX(視覚効果)ないしはCGの完成度と相まって、ちょっとレベルがあまりに違うと思いました。今後はこれと同等かそれ以上の映画が普通になってくると思いますが、やはり何事もブレークスルーのきっかけになったものが評価されますから。そう考えると、何十年後とかに振り返った場合には、「本格的3D映画の始まりとなった映画」と位置づけられて後世に語り継がれる可能性があるのでは。

2.全世界興行収入歴代1位になるかもしれない
今朝のこの記事によると、公開20日時点で既に全世界興行収入歴代2位に踊り出ているそうです(→すなわち、この段階で『マトリックス』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ロード・オブ・ザ・リング』などを抜いているということになります)。1位の『タイタニック』とはまだ差がありますが、ペース的にはアバターの方が早いそうなので、ひょっとしたら全世界興行収入歴代1位になるかもしれません(→ちなみに両作品ともジェームズ・キャメロン監督作品です。スゴすぎ)。

3.“I see you”のセリフがこれまた後世まで残る可能性がある
恐らくこの映画を観た人の多くが印象に残ったセリフとして“I see you”を挙げると思います(→どういう場面で使用するかはネタバレになるので、観てない方は映画館でお確かめを)。オバマさんの“(We can) change”もそうですが、シンプルかつストレートな言い回しはその短さに反比例して力強さを増しますね。過去の名作映画の代表的なセリフでも、ここまでシンプルなものはちょっと思いつかないので、このセリフは後世まで残るのでは?と思っています。

【まとめ】
と言う訳で、「AVATAR(アバター)」をまだ観ていないのであれば、是非お近くの映画館(出来れば3D版が上映している映画館)に足を運ばれることをオススメします。

最後に、エンディングテーマがYoutubeに上がっていたのでそちらを。曲名はやはり“I see you”です。


↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

コメント

おおっ

“I see you”名セリフですよね!
これは某映画での I'll be back に匹敵する
重要なkey word、と思ったら同じ監督でしたか(笑)
kosu0621さんの意見と同じく、この映画は今後きっと3Dが語られる上で引用されるのは間違いないと思うので、劇場で見てよかったとホントに思います!

Re:おおっ

rincoさん、こんばんわ

いや~、rincoさんがブログに記事にしていなかったら多分劇場には足を運んでいなかったと思います。

それと映画の名セリフとしては、"I'll be back"もありましたね。すっかり忘れていました(笑)。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。