スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所用でホーチミンに行ってきた

という訳で、暫定的に期間限定でブログ再開です。

さて、年末は所用でベトナムのホーチミンに行っていました。


(↑ 写真は観光スポットの一つホーチミン像と人民委員会庁舎)

ベトナム自体初めてで、シンガポールはもとより、これまで訪れた他の東南アジアの国々とも違う雰囲気でした。

第一印象は…
正直言うと、ベトナムの地に降りたって最初の数時間は印象が最悪でした。というのも、①税関抜けた空港到着ロビーや出口での人の多さに面食らった、②空港から市内まで乗ったタクシーが完全な「ぼったくり運転手」だった、③バイクの多さ、交通ルールの無秩序さに我が目を疑った、等々の理由が挙げられます。

他の東南アジア、例えば、インドネシアやフィリピンでも似たような部分はあるのですが、これらの国の場合はそうした部分がさほど気にならず、むしろ何故か最初から「直感的にこの国合っていそう♡」と感じたのとは対照的です。

滞在を通じて、そして色々学んでいくうちに…
ところが不思議なことに、わずが数日の滞在でしたが、その間に少しずつ印象が変わってきました。まず、所要に絡んで滞在中に接したベトナム人を通じて、「根は真面目でいい奴が多いのでは?」と思うようになりました。もちろん、前述のぼったくりのタクシー運転手もいますし、街中を歩いているとしょっちゅう「バイク乗らないかい?」と声をかけられるので、全員が全員善人だとは思いません。ただ、少なくとも一定水準以上の教育を受けた人なんかは、すごく真面目で、日本人ともベーシックな価値観が共有できそうな人が多いのではという印象を受けました。

また、フランス植民地支配、第二次大戦後の南北分断時代、ベトナム戦争、カンボジア侵攻とそれによる国際的孤立など、他の国以上に暗い歴史を経験してきていて、1986年のドイモイ政策導入以降ようやく経済発展の道を歩み始めた歴史的経緯を少しずつ理解するようになると、今のベトナムが発展途上の段階にあり、自分が感じる不満の多くも許容できるようになるのかなと思うようになってきています。

次回の記事からは…
これまでブログで記事にした旅行記は、「第一日目」などのように時系列に沿った形でまとめてきましたが、今回はそういう形式は止めようと思います。

代わりに、次回以降は「食」など特定のテーマを決めて、記事にしようと思います。なお、前回も言いましたが、更新頻度については毎日ではなく、不定期になる点は予めご容赦下さい。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

ホーチミン市

kosu0621さんへ

期間限定であってもまたブログの記事を拝見出来てとても嬉しいです。
ホーチミンといえば、ベトナム料理とアオザイの似合う女性です。ベトナム料理はタイ料理のように辛くなく、さっぱりしていて、僕の好物です。
またの記事を楽しみにしています。

終生30歳

終生30歳さん

コメントありがとうございます。ベトナム料理は他の東南アジアの料理に比べてさっぱりしていて、日本人の口に合いますよね。私も大好きです。一方アオザイですが、てっきり街のあちこちで見かけるものと思っていましたが、(たまたまかもしれませんが)意外にそうでもなく、お店などでユニフォーム的に身につけているケースが多かったような気がします(?)。

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。