スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果として4日続けて日本からの客人と食事に

前フリ
結果だけ見るとかなりアフォに思われるかもしれませんが、昨晩も日本からの客人と食事しました。すなわち、これで結果的に4日連続です。まあ、これには海より深い理由がある訳です。

まず昨晩食事した方とは1ヶ月以上前からプランを立てており、「到着日の土曜は軽く食事して(→関連記事)、火曜に改めて食事しましょう」となっていました。なので、昨晩の食事はかなり以前から決まっていましたし、この2回の外食ならダイエット的にも問題ないであろうと考えていました。

一方、もう一人別の方からもシンガポールにお越しになる連絡が1週間くらい前に入り、「日曜の昼に着いて、翌日月曜の深夜便で日本に帰るお ♪( ´θ`)ノ」とかなりファンキーな話を聞きました。ただ、この方もシンガポールに来るのであれば是非お会いしたかった方ですので、ダイエット面が多少気になりつつ、「ここはロックに行くべし」と思い、日曜の夜にディナーを共にしました(→関連記事)。

で、さらに昨日記事にした通り、毎週月曜夜の授業が今週は中止になり、ここまで来ると今週に限ってはダイエットもケセラセラとなり、急遽3人一緒に食事しました。その結果、客人2人を通じて4日連続でのお食事だぜぇ。どうだ、ワイルドだろう〜?

Royal China at Raffles
昨晩食事したのは、人づてに美味しいと聞いて興味のあったラッフルズホテルにある「Royal China at Raffles」という広東料理です。内装の雰囲気及びお料理共に満足でした。

























Long Bar
それとこれは1ヶ月以上前からの当初のプランに含まれていたのですが、その足でLong Barに行き、シンガポールスリングを飲みました。バンド演奏もあり、お客さんもノリノリな感じでした。



















終わりに
何はともわれ結果的に4日間連続で外食が続きましたが、ひとまずこれにて終了ですので、またダイエットに戻ります。それと、お二人の客人のうち、日曜の昼に着いて、月曜の深夜便で日本に帰った方に関連する話(ネタ)があるのですが、それについては明日の記事で。

Royal China at Raffles
Address: 1 Beach Road, Raffles Hotel Arcade
Tel: +65 6338 3363
Opening Hours:Mon - Sat: 12:00 - 15:00, Sun & PH: 11:00 - 15:00, Mon - Sun: 18:00 - 22:30
Website: link

Long Bar
Address: 1 Beach Road, Raffles Hotel Arcade
Tel: +65 6431 6156
Opening Hours:(Cocktails) Fri, Sat & PH eve: 11am - 1.30am, (Cocktails) Sun - Thu: 11am - 12.30am, (Snacks) Mon - Sun: 12pm - 7.45pm, (Tappers Time) Sun - Wed: 5pm - 9pm (except eve of PH & PH)
Website: link

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。