スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらながら三枝匡氏の企業再生3部作を読んでみた



MBAホルダーのビジネスパーソンからすると「まだ読んでなかったの!?」と言われそうですが、今さらながら以下の三枝匡氏の企業再生3部作を読んでみました。
ビジネススクールのケースだとマクロ的に書かれていて、紙面の都合上、経営者の苦悩や人間関係の複雑さ、その時の人間の思いまで描ききれていませんが、長編小説の形態を取っているのでそうした部分までリアルに再現しています。

3冊共通したテーマは、「『論理性(戦略理論)』と『熱き心(人間臭さ)』を兼ね備えたリーダーシップ」。

前者の「論理性(戦略理論)」に関しては、戦略コンサル等実務で触れる機会がある人を除けば、MBAはそうした経営学全般について集中的にかつ包括的に学ぶ機会になるので、確かにすごくいい経験にはなるかと。一方で、後者の「熱き心(人間臭さ)」については、やはりこれは実務での経験に勝るものはないと改めて実感。これらの三作品を読んで、「熱き心」をもって何かに真剣に打ち込むことは大事だなと改めて思うと共に、せっかくMBAで学んでいる以上、「論理性(戦略性)」の追求も疎かにできないと思いました。

正直、この二つを高い次元で両立するビジネスパーソンは中々お目にかかれない気もしますが、少なくともそうした気概は持っていたいなと思います。手前味噌ですが、kosujobでアプリカントをサポートするのも、企業再生かMBA受検かの違いはありますが、「論理性(戦略性)」と「熱き心」をもってやっていきたいと考えている次第です。

なお、自分の場合MBAの終盤戦で読みましたが、もしこれを入学前とかに読んでいたら授業への取り組みとか違うものになったかもと思わなくもないです。ただし、MBA生活が一巡した段階で読んだからこそ、MBAの意義などについて改めて考え直すこともできたので、これはこれで良かったとも言え、残りのMBA生活に反映させていければいいのかなと思います。いずれにせよ、MBA含め企業経営全般に興味をお持ちなら、オススメな本です。

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)  
経営パワーの危機―会社再建の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)  V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫)

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名希望さん

匿名希望さん
コメント有り難うございます。匿名希望さんもこの三部作お好きですか。一番印象的なシーンと挙げていた主人公が全社アナウンスの時に遅刻した上で批判した社員を怒鳴り飛ばす場面ですが、三作目の『V字回復の経営』ですね。私もあの場面好きです!

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。