スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】住居問題が解決し、次の住居が決まった

昨日までの記事で、

残り半年の留学生活の中、今度入ってくる新入生等の関係でMBA生はほぼ全員UTownの更新ができない事態に陥る
 ↓
UTownを出る(7月19日)
 ↓
暫定的にPGPに移る(8月10日までの予定で)
 ↓
急遽PGPは8月4日までと通知されるorz
 ↓
8月10日から入居可能な物件に目をつけていたので、目論見が崩れる(←今ココ)


なんてことを書いてきました(→関連記事:その1その2その3その4)。

で、今日その目をつけていた物件のオーナーの所に行って、「かくかくしかじかで困っているんだけど、8月4日から移れる部屋とかない?」と聞いたところ、「それなら、数軒先の別の物件の一部屋が今月末に空くので、ひとまずそちらに移って、8月10日からこちらに住めばいいよ」と言ってくれたので、その場で快諾して、契約しました。

次に住むのは、こんな感じの一軒家の中の部屋を間借りするものです。













ちなみに、シンガポールで物件探ししたことある方からするとビックリかもしれませんが、部屋探しのため検討した物件はこれのみです。定番の「Property Guru」も見ていません。本来なら、いきなり最初の物件で決めるのではなく、もっとじっくり時間をかけて何件も比較検討した上で、最終的に一番いい物件を選ぶべきと言えると思います。実際、数学者の秋山仁氏の「ナンパ必勝術」によると、「20人の女性の誰か1人だけに声をかけるチャンスがある場合、確率論的に最初5人は見送るべし」と言っていますしw(→参考)。

ただ、ひとまずは今年12月のNUS MBA終了までの約5ヶ月間の住まいを探していて(→NUS MBA終了後にシンガポールに100%残るとは言い切れないので)、それであればあまり時間をかけずに済ませたいなと思っていたので、ある程度のラインさえクリアしていれば、オッケーと考えていました。ここに決めた理由は、そうしたある程度のライン(例:ネットが使えてそこそこスペースがあり、まあまあ清潔)をクリアしていたのと、契約条件も期間含めてフレキシブルに対応可能なことが挙げられます。

そして何より、実は今の住人がNUS MBAの日本人同級生で、ちょうど彼は最後のSemesterを北京の方に交換留学で行く関係で8月上旬にシンガポールを出ることが決まっていて、「だったら入れ替わりで住むのが、よくない!?」と話していて、実際に部屋を見せてもらったり、住んでみての感想を聞いたところ特段大きな不満はないとのことでしたので、それならたとえ1件目で決めても問題ないかなという部分も大きいです。先ほどの秋山仁氏の「ナンパ必勝術」になぞらえれば、「確率論では最初5人は見送るべきとしても、信頼できる友人が『kosu0621にピッタリ』と女性を紹介してくれて、実際にお会いしてオッケーなら1人目で決めてしまう」のと同じかと(←違うw)。

何はともわれ、住居問題が片付いてくれてよかったです。実際、今回一緒に暫定的にPGPに移った同級生を見回しても、まだPGP後の住まいが決まっていない人は結構いるようなので(→シンガポールでは2年契約が一般的らしく、短期での契約は嫌がられる傾向にあり)、そういう意味では自分は恵まれていたなと思います。やはり持つべきものは友人と思いました。ちなみに、この日本人同級生は韓流スターみたいな出で立ちをしているので、住まいの次は、女性を紹介してくれないかお願いしてみようと思います!(←アフォw)

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。