スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急遽応対したビジットが結構印象深いものに

幸いブログをしている関係で、公式・非公式に関わらずこれまでそれなりの数のNUS志望者の訪問を受けましたが、昨日お会いしたKさんはちょっとしたハプニングもあり、結構印象深いビジット対応となりました。

きっかけは1通のメールから翌々日お会いすることに

NUSオフィスを通じた正式なビジットについてはビジット対応する担当者が別にいて、自分はあくまでブログに個別に問い合わせが来た人のみ対応していますが、今回もブログへのお問い合わせがきっかけです。以下、簡単ですが、メールのやり取り。

K「はじめまして。NUS MBAを検討しており、出張帰りにシンガポールに寄ることになりました。突然ですが、お話しを伺うことは可能でしょうか?」
私「はい、喜んで。(もう少し先のスケジュールを念頭に→)具体的な旅程を教えて頂いてもよろしいでしょうか?」
K「実は今日、明日、明後日の滞在で、明日又は明後日でお時間頂くことは可能でしょうか?」
私「エッ、マジっすか!?」


とりあえず学外でランチ
幸いプレゼン2つ等授業の山は先週で超えて、今週は3,000wordsのレポートを書く程度で時間が取りやすいことから、とりあえず学外でランチすることに。ランチしたのは、この韓国料理のお店











NUSもご案内することに
お話しを聞くと、今回のシンガポール訪問は急遽決まったことなので、NUSのオフィスにはビジットのアポは取っていないそうです。ただ、チラッとキャンパスを見に行くということで、せっかくなので、kosu0621も3,000wordsのレポートなど放っておいてご案内することにしました。

懐かしの定番のポーズ?




わざわざNUSのキャンパスに来て頂いたので、アドミに「急で悪いんだけど、アポないけど日本人のアプリカントが来ているので、MBAオフィスに連れていってOK lah!?」と連絡を入れたところ、普段対応するドロンさん(仮名)はこの日病欠だったのですが、4月さん(仮名)が快諾してくれ応対頂きました。



Asia Pacific Businessの教授にも再会
さらにビックリなことがあり、教授のオフィスがあるフロアを案内している時に昨年聴講していたAsia Pacific Businessの教授(→関連記事:その1その2その3)のオフィスの前を通ったので、「この教授の授業がNUSで一番良かった授業です。でも、今はスイスのIMDで教えています」と開かないはずのドアを開けたらご本人がいました。


(↑ 友情出演わっきーさん

聞くとこの日単発のレクチャーがNUSであるそうで、本当にこの日この時間帯だけオフィスにいたそうで、今回Kさんを案内しない限り再会することはなかったので、すごい偶然が重なったものと思いました。非常にオープンで、日本びいきな教授なので、突然の訪問にも関わらず、kosu0621及びKさんを招き入れてくれて、しばしお話ししました。



まとめ
という訳で、急遽決まったアプリカントへの対応ですが、セレンディピティなこともあり印象深いものとなりました。本当はこの日の夜にCorpoate Governanceの授業があり、この教授もすごくオープンな方でアポ無しで参加をと考えましたが、Kさんはこの日の深夜便で帰国につき断念。ただ、この授業でkosu0621としてちょびっと嬉しいことがありましたが、それについては明日の記事で。

なお、ちょうどこれで3週連続で来年出願予定の女性をお迎えしてきましたが、お世辞抜きで皆さん総じて優秀な印象です。来年以降も優秀なアプリカントが集まるのではと期待しています。来週にも新たに日本人女性がビジットに来られますが、今から楽しみです。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。