スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリンピック放送見たら、イギリス英語が聞き取りやすくなっていた件

先日も記事で触れましたが、ロンドン五輪始まりましたね。シンガポールでテレビのない生活している身としては、YouTubeの「Official Olympic Channel by the IOC」がストーリーミングのライブ放送とかもあって重宝しています。



実況などもあり、英語の勉強にもなって聞くのですが、ふと思ったことがあります。それが、

「イギリス英語が一番聞きやすくね!?」

ということ。

シンガポールに住んで1年ですが、ぶっちゃけ英語のリスニングとか目に見えて向上したとかいう実感はあまりありません。多少は慣れたもののシングリッシュは相変わらず難解ですし、NUSではよく耳にするインド英語や中国人の英語も手強いままです。しかもこれまでの人生で英語学習のメインであったアメリカ英語も、相対的に聞く頻度が少なく、中途半端なシングリッシュへのアジャストと相まって、これまでにはなかった違和感を感じます。

一方で、自分の周りではイギリス英語圏の人はほとんどいないのですが、なぜか久しぶりに聞くイギリス英語が、日本でIELTSを受けていた頃よりも明らかにクリアに聞き取れるようになっているんですよね。

恐らく日本で英語教育を受けてきた人の多くにとっては、イギリス英語よりアメリカ英語の方が相対的に耳にフィットしていると思うのですが、人生で初めてアメリカ英語よりイギリス英語の方が聞き取りやすいかなという状態になりました。他の英語も含めた関係を示すとこんな感じ。

「イギリス英語>アメリカ英語>>>>>>>シングリッシュ, インド英語www」

何故に聞く機会の少ないイギリス英語のリスニング力がアップしたか不明ですが、一応英語圏に1年間住んだ成果なのかなとポジティブに捉えるようにします。ただ、それにしてはシングリッシュへのアジャストが思ったほどでないのが悩みですがw。

↓ 押してね
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。