スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GMATにMathについて一言もの申す

昨日の記事でチラッと書いた通り、先週土曜はNUS MBAのフェアにお手伝いに行った後、現地在住の日本人NUSアプリカントのSさんとお茶しました。

Sさんは現在GMATに苦戦していて、特にMath(数学)が直近の試験で点数が下がったこともあり、自分なりに僭越ながら、「塾生注目!」「なんだ!?」な感じでアドバイスなんかさせて頂いたりした訳です(→例「別に満点狙いでないのであれば、手を広げずに、手持ちのOfficial Guideやマスアカを繰り返して、完璧に仕上げた方がいいよ~」とか)。

数学に関してはkosu0621は私大文系でしたが、何気にどうしうてこう見えて
そう言えば学生時代から得意科目で(→特に国公立の二次とかの出願ではなく、本番の試験慣れ目的で受検したセンター試験は数学Ⅰ、Ⅱを受けて両方満点だった記憶が)、むしろ英語(→当時は海外に出るなんて夢にも思わず)や国語(→ブログを見てお分かりの通り、言語能力やばすw)なんかより余程出来たものでした。


(↑
 不正解w)

で、自分の中で学生時代からベースになった考え方があって、それは和田秀樹氏『受検は要領』などで提唱している「数学は暗記だ」という考え方(→参照関連書籍)。

要は「必要な解法パターンを理解・暗記し、既知の解法を組み合わせることによって問題を解いていく」というアプローチなんですが、その道に進むのでなければ、この方法が一番効率的なような気がします。「暗記」という字面だけ見ると誤解が生じるかもしませんが、解法を理解して覚える「理解型暗記」なので、年号や英単語に比べれば記憶に残りやすいと思います。あとは、練習問題を通じて同じような問題パターンなら条件反射的に解けるようになるまで、プラクティスを繰り返していけばオッケーかなと思います。

ちなみに、こうした受検勉強法では『ドラゴン桜』が有名かと思いますが、kosu0621は原作やドラマを見ていないものの、こちらのネット記事の真ん中を見る限り、どうも言っていることは同じなのかなと思います。

また、そういう意味では、英会話なんかも定型的な表現
をストックしていって(例:"Could you ~?"とか"I'm going to ~"とか"I want you♡"とか ← 最後違うw、それを実践で使っていくうちに自分のものにする過程と通じるものがあるかもしれません。もっとも、こちらはkosu0621は道半ばですが

なにはともわれ、Sさん引き続きGMAT頑張って下さいね~。同じ大学同じ学部出身なので、応援していますよ~。既にオサーンなkosu0621と違って、「若き血」が流れているSさんなら記憶の定着もいいと思いますので。NUSに受かったら、一緒にカラオケで「都の西北」を歌いましょう!(←ライバル校w)

↓ 「とある方」も見てるかな!?
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。