スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間試験二連荘の振り返り

昨日で中間試験二連荘が終わりましたので、備忘的な意味も含めて振り返りを。

1.Economics(金曜)
  • 多くの生徒が不満を述べている通り、授業や練習問題等で扱った範囲を余裕で超えるくらい激ムズ。自分が会計士の試験を受けていた頃には、出来る人とそうでない人の差がつかないような試験問題のことをよく「埋没問題」と言っていましたが、まさにこの類。
  • 試験にはA4サイズ1枚の「チートシート(カンニングペーパー)」の持ち込みが許可されていましたが、ぶっちゃけ「ちーと」も役に立たず(涙)。
  • 一応自分は大学は経済学部出身なので、この科目ではいい成績が欲しいと考えていましたが、これは本当に不出来(→福沢先生ゴメンナサイw)。
  • まあ、「計算問題をチョロチョロっと解いて、あとの記述問題はテキトーに埋めれば、ひとまず平均くらいは超えるでしょ」と甘い考えでいたのは確かで、そこは反省すべきところ。
  • でも、やっぱり、もう少し生徒の理解度や試験勉強への投下時間が成果に反映されるような試験問題であって欲しかったなと思うところ(→負け惜しみw)

2.Finance(土曜)
  • こっちは前日のEconomicsと打って変わって、かなりfairでreasonableな試験という感じ。すなわち、基本的には授業で扱ったベーシックな問題が中心で、他方で難しめの問題が織り込まれており、これなら生徒の理解度や試験勉強への投下時間と試験の結果がリンクするであろという感じ。
  • kosu0621の出来映えについても、良くも悪くも「まあまあ」という感じで、結果がどうであれそれが今の実力なんだろうなと思うところ。
  • あと、Financeについては計算機の使用が認められていましたが、これまで使用してきた日本から持ってきたごくフツーの計算機を使用するか新たに関数電卓を買うかで迷った挙げ句、試験当日朝に関数電卓を買って最低限の使い方のみ覚えて挑みましたが、これは吉と出ました(→これについては後日記事にするかも)
  • ちなみに、このFinanceの教授はAlmuniの方曰くNUS MBAの看板教授の一人とのことで、これまでも教え方などは上手と思っていましたが、今回の試験問題を見て「スゲー良心的だな」と思い、この教授に対する自分の中の評価はかなり上がりました。

【まとめ】
といったところが、金曜、土曜と二日続けて行われた中間試験二科目分の振り返りです。中間試験については、あと残り一科目統計学の試験が、今度の土曜に行われます。

統計学については、ここ最近ほとんど手を付けておらず、昨日久しぶりにテキストやレクチャーノートを開いたら、まあビックリするくらい何も頭に残っていないことがわかり、かなり焦っています(泣)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。