スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの住居の話をしよう (4) 学内のレジデンスへ申し込んだ

という訳で「学内のレジデンスに住む? OR 学外にアパートを借りる?」と検討を続けて来た訳ですが、結局は学内のレジデンスへ申し込みを済ませました。

一応申込期限は明日(24日(火))なんですが、「最終日にいきなりシステムがダウンして間に合わなかったorz」なんてことが起きたらシャレにならないので、今日のうちにとっとと申し込みを済ませました。

110523
(↑ クリックすると「チョビット」拡大)

まあ、「いや~、もういい大人なのに、この歳になってルームシェアっすか!?マジっすか!?」という懸念はあるものの(←言葉遣いが大人以下w)、一生のうち海外の人と生活を共にする最初で最後の貴重な機会であるというプラス面に目を向ければ、あまりそうした懸念は大したことないでしょうと思うに至りました。事実、kosu0621が交流のある在校生(オランダ人)も現在学外でアパートをシェアしているそうですが、その方も「ルームメイトと暮らすのにはちょいとアジャストが必要だったけど、そんなの『お茶の子さいさい』だったわよ」と言ってましたしね(→意訳~原文は"living with roommates would be a bit of an adjustment, but is was a piece of cake! ")。

一点留意すべきはあくまで「申し込み」をしただけで、必ずしも入居が保証される訳ではないとのこと。すなわち、住居の供給量に対して応募者が上回れば抽選となり、もし抽選から漏れると「はい、後は自分で住まいを探してね♡」となる訳です。運命の(?)結果の通知は、6月1日(水)となります。

ただ、現在の在校生は既に学生生活も後半戦で既存のアパートの契約もあるでしょうから、実質今年度入学してくる院生が入居者の中心となるので、今年に関しては供給不足になる恐れは少ないと思うんですよね。今回オープンするするGraduate Residenceは1,700名収容ですが、それに対してNUS全体の1学年の大学院生は約3,000名で、そのうち4割が留学生だそうなので、仮に全員が応募しても1,200名ですし、実際留学生のうち応募するのが半分としても600名なんで、まあ大丈夫だよねとコンサルっぽくフェルミ推定(→捕らぬ狸の皮算用?)を働かせたりしています。

という訳で、ひとまず住居問題については、今の段階ではひとまずは終了となり、あとは6月1日(水)の結果を待つのみです。もし予想外にも抽選漏れとかになった場合には、SQのCAの寮とかを紹介してもらおうと思います!(←アホw)

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。