スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの住居の話をしよう (2) 学内のレジデンス

という訳で昨日の続きで、留学時の住居についての検討、具体的には「学内のレジデンスに住む? OR 学外にアパートを借りる?」の検討についての記事です。今日は基本線として考えている学内のレジデンスについて記事にしていきたいと思います。

NUSのGraduate Residenceは、今年度からオープンということで、現段階ではあまり情報が少ないのですが、ひとまず明らかにされている点をまとめると以下のような感じです。
  • フロアプラン(間取図):単身者用妻帯者用
  • イメージ図:これ(注:PDFファイル)
  • 写真:これ(注:Picasaのサイトに飛びます)
  • 賃料:単身者用:約1.4万円/週、妻帯者用:約3.6万円/週(←Semester単位での契約につき便宜上週単位で換算)
  • 設備:インターネット接続や一通りの家具は揃っている。また、単身者用は、「4人1部屋」で、寝室兼勉強部屋は各自あり、キッチン・ダイニング・リビングとバス・トイレは共用

自分なりにメリット・デメリットをまとめると、以下の通り

メリット
  • 海外の生活をスタートさせるに当たり、セットアップの手間は少ない
  • 通学がラク
  • 他の海外の学生との交流の機会が増える
  • 賃料は安く抑えられる

デメリット
  • 一人きりになれる時間帯が少ない
  • 大学自体郊外に位置するため、休日含め生活圏内が限られそう
  • レジデンス自体が新規につき、細かい初期トラブルに遭遇するかも!?

大雑把に言えば、「生活のラクチンさ vs 個人の自由」という構図かと。やはり「この歳になってルームシェアってどうよ!?」というのが唯一のネックで、倍はキツイかもしれませんが、賃料が現行の1.5倍くらいで個室であれば喜んで支払うのになあとは思います。但し、身分としては稼ぎがない以上そう贅沢は言ってられず、生活のセットアップのラクチンさを含めて学内のレジデンスを利用するのが手っ取り早いよねとは思っています。

なので学内のレジデンスを基本としつつ、一応学外のアパート等についても一応の検討はしてみるということにしたいと思います。後者の学外のアパートについては、次回の記事で。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。