スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進学先を最終決定した

さて、オファー受領後回答していなかったSMUの回答期限は5/9(月)なんですが、ゴールデンウィーク中の郵便事情も鑑み、今日の昼間に所定の回答フォームを郵送すると共に、夜にはメールで「合格のオファー及び奨学金のオファーどうもありがとうございます。でも。熟慮の末、アプリケーションをwithdrawする意思決定をしました」という旨の連絡を入れました。

という訳で、晴れてkosu0621の進学先が決定しました。引き続きブログをご覧の皆さんであれば既におわかりの通り、そう遂に念願叶ってAKB48のメンバーに加わることになりました(←違うw)。

というつまらない冗談は置いておいて、これまで何度も繰り返し記事で言及してきた通り、この夏からNUSに進学することとしました。正確に言うと、National University of Singapore(シンガポール国立大学、通称NUS)が母体の、NUS Business SchoolMBAコースに進学します。


(↑ NUSのウェブサイト)


(↑ NUS Business Schoolのウェブサイト)


(↑ MBAコースのウェブサイト)

当初よりNUSを一応の第一志望としてきた訳ですが、何故か不思議と「やったぜベイビー、3つ受けて3つ全部受かって、当初の希望通り第一志望のNUSに、しかも奨学金付きで進学するぜ!」なんていう気持ちはサラサラなく、結構モヤモヤ~とした感じの方が強いんですよね。

先にお断りしたNTUも含めて、3校それぞれに他校にはない魅力的な部分があり、決断をするに当たっては、接点のあった残り2校の関係者(アドミや授業見学でお世話してくれた現役学生)の顔を思い浮かべると、正直涙すら出てきます。いや、本当にこんな切ない思いをするくらいなら、1校だけ受かって残り2校落としてくれた方が、よほどすっきりした気持ちでその学校のオファーを受けれたのにと思いさえします。

ただしその一方で、これは世界中どのスクールにも当てはまることですが、残念ながら3校いずれも自分のニーズに100%合致することはなく、その中でNUSを選んだのは、トータルで見た場合に、今の自分のニーズに合致する部分が最も大きいのがNUSだろうという判断のもとです。すなわち、自分の場合、MBAそのものよりもシンガポールへの興味(→シンガポールで仕事したい、生活したい)が先に来て、そのステップアップの手段としてMBAがあるに過ぎないので、良く悪くも一番「シンガポールらしさ」を体感できるのは、国を代表するフラグシップスクールたるNUSがベストだろうという思いからです。

【まとめ】
という訳で、昨年10月末よりフルタイムとは言え、予備知識なしの状態から半年間で進めてきたMBAの受験も、これにて正式に完結となります。

一応ブログは継続するつもりですが、「ブログのタイトルどうする?(含む心機一転新たなテーマでブログ立ち上げ)」とか、「MBA受験のまとめ(振り返り)の記事を残しておく?」など、いくつか考えるべきことがありますが、それについては追々と。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。