スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMUから合格通知が来た

さて昨日チラッと予告した通り(?)、昨日21日(木)の夕方から夜にかけて最後の1校SMUより最終結果の通知がメールで来ました。

110422 
(↑ クリックすると「チョビット」拡大)

やけにあっさりした文面ですが、無事合格です。これで、出願したシンガポールの大学院3校については、全て合格を頂けたこととなります。ハッピー♡(←ベッキーっぽく)。

ただ、運命の綾というか、正直出願前は、出願した3校のうちSMUの合否が最後になるとは予想だにしていませんでした。すなわち、各校の出願期限の関係で、SMUは2月末、NUS及びNTUは3月末にそれぞれ出願しましたので、合否の結果の通知もこの順番であろうと考えていました。もしNUSやNTUの発表前にSMUから合格のオファーを頂き、かつ回答期限も両校の発表の前であれば、少なくともデポジットは払ったでしょうし、場合によってはその時点でSMUに進路先を決めて、他の2校の出願を取り消していたかもしれません。

事実、今回の一連の出願を通じて最も印象に残っているのは、SMUなんですよね。というのも、①昨年12月のビジット、②出願書類の提出、③インタビューの実施、④授業見学と、節目となる全ての局面で3校中SMUがトップバッターであっただけに、やはり印象度が他の2校に比べて強くなります。ここら辺は、結婚相手を除けば、一番最初にお付き合いした異性が、その後にお付き合いした異性よりも印象深くなるのに似てるかと!?それに、これまで何度か述べていますが、3校の授業見学を通じて一番美人な生徒はSMUでしたし(←アホw)。

しかし、いかんせん、NUSへ入学受諾の回答書を提出し、手付金の支払いを済ませたその日の夜に合格の通知とはタイミング悪すぎ。。。まあ、今振り返ると、SMUのアドミは対面ではナイスガイですが、メールベースのやり取りでは何度か「放置プレイの巻」となったこともあったのに対して、NUSのアドミは毎回100%確実に24時間以内に(→場合によっては深夜の時間帯とか土曜とかに)回答してくれたことなど、こうした細かい部分の差が今回の運命のいたずらをもたらしたとも考えられ、ある意味NUSを選ぶことが必然的な流れなのかと思っています。

したがいまして、手付金の支払い及び入学受諾の回答書を送付したNUSに進学するということで99%間違いないと思います(キリッ)。

一応残り1%というのは、上記のSMUからのメールに"More details and a formal letter will follow this email."とあるのですが、これが「何じゃらほい?」な感じですので、それを確認の上最終決定することとします(→実は、メールの前後で自宅と携帯にも電話があったのですが、外に出ていて電話が取れませんでした。しかも、シンガポールは今日22日金曜日が「Girl Friend」という「Good Friday」という祝日のようで、次に連絡もらうのは週明け月曜かと思われます)。

そうは言いつつ、ここまで来たら、NUSの授業料を逆転するくらいの奨学金のオファーがSMUよりあるか(←まずあり得ない)、「毎月必ずSQのCAを紹介する」といった強力なインセンティブがない限り(←チョビット期待♡)、NUSへの入学を反故にしてまでSMUに切り替えることはないと考えています。いずれにしましても、週明けの25日(月)には正式にkosu0621の進学先が決定するものと思われます。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。