スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟慮の末

という訳で、昨日記事にした通り、今日はIELTSの第3回目の試験日でした。結論から言うと、熟慮の末「回避」することにしました。

110212 

まあ、確かに「たかだか3~4時間の試験くらい」ということで受けに行っても大したロスにはならないと思いますが、やはり今の準備状況を考えた場合Overallが7.5に上がる可能性は、「将来SQのフライトアテンダントの彼女ができる」くらいの可能性だろうと判断し、IELTSに関しては前回の7.0で「手打ち」とすることとしました。

また、今月末出願予定のSMUについて、今後やるべき作業を逆算したら、「もう意外に時間が残っていないよね」ということもこうした判断を下した要因の一つです。

SMUの場合、サポート・ドキュメントの提出が今主流の(?)「スキャンデータをオンライン上にアップデート」ではなく、昔ながらの(?)「郵送」なんですが、そうしたサポート・ドキュメントの一つに「受験料の支払いの証憑」が要求されています。で、この「受験料の支払い」を行うには、その前にオンライン上での「(エッセイを含む)アプリケーション・フォームの提出」を完了させていることが必要のようで、郵送するサポート・ドキュメントが今月中に確実に学校側の手許に届くようにするには、再来週(21日~の週)早々には出願書類の提出をする必要があるなと。そうすると、結局のところ、来週(14日~の週)中にはエッセイも含めて出願書類をあらかた完成させると共にサポート・ドキュメントも一通り取り揃える必要があるんですよね。

と、こうしてやるべき作業を逆算していくと、「ここはエッセイを含めた出願書類の完成に時間を注ぐべき」という結論に至る訳です。という訳で、GMATも含めて、テスト関連は「IELTS7.0、GMAT650」で出願ということにし、残りの期間は「エッセイを含めた出願書類の作成」に専念したいと思います。

本音を言えば、「IELTS7.5、GMAT700」にまで引き上げられれば最高なのですが、「テストの点数も含めた出願書類のトータル・パッケージの完成」を重視すれば、ここはやはり「テスト関連は終わらせ、出願書類に注力」というのが「現時点における最良の選択肢」かなあと。「塗り絵」で言えば、一部だけ一所懸命塗るのではなく、個々には不完全でもまずは全体を仕上げることが最優先かなと思うところ。その上で、余力があれば特に強調したい部分の完成度を上げていくことがいいのかなと思っています。そういう意味では、3月末出願のNUS、NTUについてもエッセイ等の出願書類をどんどん前倒しで完成させ、最後3月下旬に一週間くらい集中して準備した上でもう一度GMATを受けて「どうだ~、バーン!」という点数を叩き出すよう進めていくことも、「妄想レベル」では悪くないかなと考えています(と言ってみるテストw)。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。