スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年英検1級に受かった者の戯言~その3

今日は英検の受験でしたね。受験された方、どうもお疲れ様でした。ひとまず今日明日くらいはゆっくりしてもいいのではないでしょうか?

さて、一昨日昨日「去年英検1級に受かった者の戯言」として記事にしましたが、調子に乗って(?)「もう一回」だけ記事にw。

今日のテーマは「一次をパスした人間は、どこまで二次の準備に力を入れられるか?」というお話し。

結論から言うと、「自分の気合の程度に応じて、無理にガツガツやる必要はないのでは?」という気がします。

もちろん、一次が終わった直後から「さあ、次は二次の対策に移るぜ!」と高いモチベーション及びテンションで引き続き継続して勉強できる方はそれでいいと思いますし、本来そうすべきなんでしょう。

ただし、一次が終わってすぐに二次に取りかかれるかというと、意外に難しいと感じる方も少なくないのではないでしょうか?少なくともkosu0621は、全くもって無理でした。

kosu0621の場合、一次の結果が出るまでは「合格最低点及び英作文次第」というボーダーにいたことも少しは起因していると思うのですが、いざ一次が無事パスしたことが判明した後も、結局はギアの入れ替えができませんでした。まあ、kosu0621の場合、二次の面接については「自分の今の英語の運用能力を確認する意味で、ガチで勝負したい」という狙いもあったんですが。

なので、一次が終わっても「中々やる気が出ないゾ」と思っても、あまり気にする必要はなく、出来る範囲で頑張ればいいのではないでしょうか?一次から引き続きだと、準備期間が、一次の受験日からは一カ月一次の発表からは二週間と、仕事等を持つ身だとどの道そう大した対策なんて望むべくもありませんしね。

むしろ二次の一番のポイントは、リラックスして受けることにあると思うので、変に気負って緊張するよりも、かえって好結果をもたらすことがあるかもしれません。それに万が一その回がダメでも、一次免除でもう三回受けることができますから。二次の合格率は55%くらいなんで、「そのうちどっかの回で受かるだろう」と考えて、あまり無理してガツガツ行く必要はないのかなと思うところです。

以上、「去年英検1級に受かった者の戯言」でした。明日から、通常営業に戻ります。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ




スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。