スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも英語を勉強しようとしたきっかけ(続き)

と言う訳で、昨日の続きで、初心に立ち返るべく「そもそも英語を勉強しようとしたきっかけ」の話。

昨日記事に記載した通り、きっかけは入所後5~6年目で行ったマレーシアへの海外出張。ここで経験が、「今回の出張で散々苦労し、忸怩たる思いをした英語をなんとかしたい」、さらには「将来は海外(特に今回のマレーシアのようなアジア地域)で生活したい」という気持ちが芽生えたのです。

100607 

その時のマレーシア出張で自分の英語力のなさを痛感した出来事としては、以下のようなもの。
  • 移動の機内で隣に座ったマレーシア人の女性から言われた、"Can you open the window shade?"という簡単な英語が聞き取れなかったことに愕然とした。
  • 現地の日本人社長に連れていって頂いた日本人向けのクラブにおいて、自分が英語が話せれば、もっとホステスさんとも意思疎通できたのにと思ったw。
  • 帰りの空港において免税店で時計を買ったお店の店員さんが無茶苦茶美人で、「英語が話せれば、連絡先くらい交換出来たのに」と自分の英語力のなさを恨めしく思ったw。

ぶっちゃけ、「英語での苦労及び忸怩たる思い」とは、仕事面というより仕事以外の部分ですが、何か?(←逆ギレw)

冗談はさておき、その時の出張を通じて、純粋に「マレーシアみたいなアジア地域に、将来は住んでみたいなあ」と思ったのは、以下のような点。
  • 首都クアラルンプールは、すごく都会的な部分とまだまだ発展途上的な部分がちょうどいい感じで交わっている。
  • 東南アジア独特の「ユル~イ」感じが、自分には心地よく感じた。
  • また、全体的に人もやさしく、こちらの拙い英語にも一生懸命を耳を傾けてくれる。
  • 多民族国家で、一つの国に複数の人種が存在するのが新鮮に映った。
  • 食事も庶民的なものから高級なものまでバラエティに富んでいて、しかも自分の口にあう。

と、結局は「仕事は関係ないじゃん!」と言われればそうですが、それが何か問題とでも?(←さらに逆ギレw)

【まとめ】
とまあ、こんな感じで、この時のマレーシア出張を機に「英語を勉強しよう」「そして将来は海外で生活しよう」と決意した次第です。

そんなこんなで、それから約7年間、本業の傍ら、優先順位は時期により上下しつつも、細々と(?)英語学習を継続している訳です。

さて、初心を振り返ったところで、新たな気持で英語学習に取り組みたいと思います。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。