スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日経ビジネスアソシエ』の「朝活」特集~早起き&快眠ツール

という訳で、昨日の続きで現在発売中の『日経ビジネスアソシエ』「朝活」特集からの記事。今日は、「早起き&快眠ツール」に紹介されていたアイテムのうち、kosu0621の気になったものをいくつか紹介。

1.ナンダクロッキー

そもそもネーミングのセンスに「ナンダクロッキー」な気もしないでないですがw、アラームの設定時刻になると、ランダムに動き回るそうで、目覚ましを止めるためには必然的に布団か出ざるを得ないという仕組みとのこと。「だったら、普通の目覚ましを遠いところにおいておけばいいじゃん!」なんて、ツッコミはなしで。


2.スーパーライデン

  • 出版社/メーカー : SEIKO CLOCK
  • おすすめ度 : (2 reviews)

とにかく目指し音が大きい目覚まし時計のようです。ご近所さんの手前、いい抑止効果になるかも。ただ、心臓が弱い人には緊張からかえって「不眠症」に陥るのではないかと思うのは私だけ?


3.レ・ムールソフト



特徴は、アバックが内蔵されており、その日の体調に合わせて枕の高さが調節できるとのこと。この特徴を逆手にとって、一度起きたら「自分には最も合わない高さ」に調節すれば、二度寝や昼寝の防止に有効かも!?


【まとめ】
という訳で、現在発売中の『日経ビジネスアソシエ』「朝活」特集より、「早起き&快眠ツール」に紹介されていたアイテムのうち、kosu0621の気になったものをいくつか紹介しました。

これ以外には、ウェスティンホテルで用いられているヘブンリーベッドなども紹介されていましたが、今のご時世に気前よく自宅用に購入できる方は果たしてどれだけいるかは気になるところw。むしろ、「休息アミノ酸」をうたう「グリナ」というサプリメントなんかは1日当たりの金額にすると、通販番組でよう言うところの「コーヒー1杯分」なので、こっちは試してみたい気もします

《編集後記》
偶然ですが、ちょうど18日(火)の21時から小山龍介さんの「Bloom Café」というUstreamの番組に同誌の記者の降旗さんが出演されていて、まさに今回の「朝活」がテーマでした。そこでも、「ナンダクロッキー」と「ライデン」が実演付きで紹介されていました。興味あれば、ご覧頂ければと(
リンク)

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。