スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もし、もう一回英検1級の二次を受けるなら、マインドマップを使うかと

今週は社内研修の講師を連日務めた関係で軽めの記事で流していましたが、社内研修の講師も無事終了しました。まあ、残念ながら「他を圧倒する専門知識」「説明のわかりやすさ」という点ではまだまだ課題は多いですが、「エンターテイメント性」という点では受講生もそれなりに満足してくれたかと勝手に自己評価w。

で、もし、
kosu0621がもう一回英検1級の二次やを受けるなら、ここ最近研修講師を行う場合に行っている準備の方法をそのまま応用しただろうと思います。

それが「マインドマップ」

100213

kosu0621の場合社内研修の講師を行う場合には、スライドに沿ってキーワードを中心マインドマップに書き出していますが、もう一回英検1級の二次やを受ける場合には同じように、大きなテーマごと例:「インターネット」「高齢化社会」など)にマインドマップを作成していたかなあと思います。その際の留意点としては、
  • あくまで「インターネット」等の大きなテーマ単位でまとめ、「インターネットにより既存の新聞は衰退するか?」など個々の論点単位でまとめようとしない
  • キーワードを中心に、細かいことは織り込まない(⇒「単語」だけで、「文章」にはしない)
  • 無理に多くの範囲をカバーしようとせず、自分の興味がある範囲だけやる
目的は、大きなテーマごとに「話のネタ」や「Bodyの理由付け」に汎用的に使えそうなものを「キーワード」レベルで押さえるためであり、決して「一問一答集」的に論点を潰し込むためではありません。また、準備したマインドマップは「絶対暗記するぞ!」というよりは、「イメージを植え付ける」というスタンスで利用するものです。

なお、研修講師の準備でもそうですが、もう一回英検1級の二次やを受けるとしても「スピーチ原稿の準備及びその暗記」だけは「やはりやらないw」と思います。

実を言うと、kosu0621も初めて社内研修の講師を担当した時にはかなり細かいレベルまで原稿を準備しましたw。確かにそれにより「なんとかその場を乗り切る」ことはできましたが、自分のスキルアップには役立たない気がしましたし、何より聴き手が飽きるんですよね(→今週もkosu0621とは別の回の研修をチラッと覗きましたが、受講生に顔を向けずにひたすら手元の原稿を見ながら話している講師もいたけど、「チョ~、感じ悪ぃ~」と思いました)。そういう経験もあったので、kosu0621は「スピーチ原稿の暗記」にはずっとネガティブなスタンスなんです。もし「スピーチ原稿の暗記」をやるとしたら、英語の「弁論大会」や「スピーチ・コンテスト」に出場する時くらいかと(→まず、ないけどw)。

と言う訳で、今週連日社内研修の講師を連日務めていた関係で、「もし、もう一回英検1級の二次やを受けるなら、研修講師準備と同じようにマインドマップを使うだろうに」というお話でした。

↓ あざ~す
I'd appreciate it, if you could click the button below!

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ

スポンサーサイト
プロフィール

kosu0621

Author:kosu0621
~自己紹介~
2011年8月からシンガポール国立大学(NUS)のMBAクラスに参加予定です。主に、授業の内容やシンガポールでの生活全般について取り上げていきたいと思います。

*プチ情報*
・日本の公認会計士(一応)
・TOEIC985点
・英検1級

詳しいプロフィールは、こちら

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
カレンダー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。